ANIMALS

愛犬の死期を「お気に入りの歌」で見届ける親子の動画が話題に

Source: 开心宠物园

韓国の親子がペットのポメラニアンの死期を、お気に入りだった「おやつの歌」で見届ける動画が話題を呼んでいる。

16年もの間、共に人生を過ごしてきたペットのオケア(Okey)は、心配そうに見つめる男の子に抱えられながら、最期の瞬間を一生懸命耐えているようだった。

オケアが苦しそうに咳き込み、男の子が我慢できずに泣き叫ぶと、母親がオケアのお気に入りだったという「おやつの歌」を歌い始めた。

「美味しいおやつあげるからね」

「オケア、ありがとう。ママはあなたのことを、とっても愛しているからね」

するとオケアは最後の力を振り絞るように、母親の呼び掛けに顔を縦に振って応えたのだ。その後も母親はオケアに語り掛け続け、その度にオケアも反応することをやめなかった。

しかし、動画が始まって3分が経った後、オケアは口を大きく開けて身体を動かし、息を引き取った。男の子は泣き喚き、遂に母親も涙を堪え切れず、動かなくなったオケアを強く握りしめた。動画の最後には、オケアの葬式の写真が映し出され、花に囲まれたオケアの頬にキスをする母親の姿があった。

家族の動画は84万回以上再生されるほど注目を集め、自身のペットの死と重ね合わせる人々や、オケアへの哀悼の意を表する声が多数送られている。

 

おすすめ記事

  1. 友人からの行き過ぎた”儀式”を受け、新郎…
  2. 急増する憎悪犯罪、アジア人差別反対を公式に掲げる有名企業が続出
  3. 白人の男子高校生2人が「黒人を再び奴隷に」と罵る動画がSNS上に…
  4. ミシュラン三つ星レストラン、ビーガン料理の提供に意欲を示す
  5. 55歳セラピストがレイプ被害者の少女にセクハラ行為
  6. 中華航空の新CMが「旅のリアルを描いている」と話題に
  7. 「俺を誰だと思っている」 酔った警察官が店員に銃口を向ける
  8. イスラム神学校に同性愛者や女性を蔑視する過激な書物があると発覚

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。