HOT

同性愛者が2020年大統領選に出馬声明 夫とのキスも披露

Source: Twitter

2020年のアメリカ大統領選に向け、昨年末から多くの顔ぶれが立候補を表明している。トランプ大統領が再選の意思を固めるも、バーニー・サンダーズ氏やジョー・バイデン元副大統領など手強い民主党議員の出馬も決定している。

アジア系議員や女性議員も大統領選候補に名を連ねる中、4月15日に自身がゲイであると公表しているピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)氏が立候補を表明し、注目を集めている。

大統領選への出馬表明を発表し、「選挙に勝つだけではなく、この時代の勝者になる」と意気込みを語ったブティジェッジ氏。アメリカ中西部インディアナ州にある都市サウスベンド(South Bend)の市長を務めている彼は、1982年生まれの37歳と政界ではかなりの若手候補だ。もし当選すれば、アメリカ史上初の同性愛者かつ最年少の大統領が誕生することとなる。

それだけではない。軍歴があり、多言語を操り、白人労働者階級の多い中西部出身であり、そしてLGBTQ+(性的マイノリティー)コミュニティーという多彩な特長を持つ彼は、トランプ大統領とは対照的であるとしてリベラル層からの熱い支持が集まっているのだ。

そして彼が選挙演説中に立候補を表明した後、夫であるチャステン・ブティジェッジ(Chasten Buttigieg)氏を抱擁しながらキスをすると会場はカップルに盛大な喝采を送った。

「今でも偏見や迫害の対象として卑下されるLGBTQ+が、遂に大統領選へ立候補するまで来た」と、同コミュニティーからは歓喜の声が続出している。

 

おすすめ記事

  1. 「香港は永遠に中国の一部だ」中国本土のラッパー達が香港政府デモに…
  2. 香港とマカオを国と表記 ヴェルサーチが中国に謝罪
  3. ボディビルダーの美人医師が新型コロナとの戦いに挑む
  4. 黒人男性と交際中のノルウェー王女、黒人暴行死事件に苦言を呈す
  5. 芸人が身体障碍の娘を笑いのネタに?母親が抗議の声を上げる
  6. 「BLM運動はテロ組織」 チーズ会社社長の発言に非難続出、不買運…
  7. AIに生前の声を録音 末期癌の父親が幼い息子と愛妻に残したプレゼ…
  8. 二酸化炭素を汚染物質から有効資源へ

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。