HOT

パレスチナ系の下院議員タリーブ氏が宣誓式に伝統衣装で登場

Source: Instagram

2018年11月、ラシダ・タリーブ(Rashida Tlaib)氏が、パレスチナ系として、そしてイスラム教徒としても初の下院議員に当選した。

彼女の宣誓式が今月初旬に行われた際に、パレスチナの伝統衣装である”ターブ”を身に纏って壇上に現れたことが注目を集めているのだ。

View this post on Instagram

This day belongs to all of us. We changed Congress forever.

Rashida Tlaibさん(@rashidatlaib)がシェアした投稿 –

細かい刺繍が施されたロングドレスは、中東系女性であるタリーブ氏によく映えていた。

アメリカ連邦議会の下院議員として、パレスチナの伝統衣装を着た彼女の決断に、パレスチナ系の人達が歓喜の声を上げた。

ツイッターでは、パレスチナ文化を祝賀するための「#TweetYourThobe(あなたのターブをツイートしよう)」というハッシュタグがトレンド入り。

美しいターブに身を包んだ女性達の姿がツイッター上に溢れかえった。また、投稿には衣装についてのみならず、パレスチナへの愛やパレスチナ系であることの誇りが綴られている。

トランプ政権下におけるアメリカでは現在、排他主義の拡大や富裕層優遇政策が国内で問題視されている。そんな中、マイノリティや社会的弱者に寄り添う姿勢を誇示しているタリーブ氏。

彼女を始め、リベラル寄りの民主党下院議員が多数を占める「ねじれ国会」となったアメリカ。今後は保守的な傾向が薄れていくかもしれない。

 

おすすめ記事

  1. 野生のピューマに遭遇した女性、爆音でヘビメタを流して追い払う
  2. 保守系ライターが極左団体から暴行を受ける
  3. 鬱病から抜け出し、フェレットと一緒に世界旅行を決意
  4. 城壁に落書き 外国人観光客を逮捕
  5. 警備ロボットが街中でソーシャルディスタンスの監視役に
  6. 新しい経済大臣 は「英語スキルがお粗末すぎる」と非難が集中
  7. セクハラに激怒した女性、上司をモップで強打し恨みを晴らす
  8. コロナ規制緩和でバーガーキングに長蛇の列、警察も出動

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。