NEWS

眉毛も口髭も自然のまま、ムダ毛処理をしないデンマーク人女性の決意

Source: Eldina Jaganjac/Instagram

ツルツルな素肌を手に入れるため、全身の毛を剃る手入れを欠かさない女性は多いだろう。

しかし、そんな「当たり前」に疑問を抱いた若い女性がいる。

英メディア『UNILAD』によると、デンマークの首都コペンハーゲンで講師として働いているエルディナ・ジャガンジャックさん(Eldina Jaganjac=トップ画像)は昨年3月、「容姿に気にする時間を、夢や目標を実現するために使う」ためにムダ毛処理を一切行わないと決意した。

Source: Eldina Jaganjac/Instagram

繋がった1本眉に、うっすらと生えた口ひげは、著名なメキシコの美術作家フリーダ・カーロを想起させる。

しかし、街行く人々からは「毛を剃れよ」などと揶揄われ、さらに彼女のインスタグラムには謂れのない誹謗中傷が大量に送り付けられたという。

ジャガンジャックさんは「女性であることって、そんなに簡単なものじゃないわよね」と落胆した様子を見せるも、ネガティブな反応以上に称賛の声が届いていると歓喜した。

「今の社会は、人のルックスに対して必要以上に意味を見出そうとしている。でも私たちは皆それぞれ特徴的な容姿をしているのだから、他と違うからって何か可笑しい人だとか思想が違うだとか考える必要はないと思うの。あなたがどんな見た目でいようが、他人にあなた自身をジャッジされる筋合いなんてないのよ」

2012年頃のジャガンジャックさん(上) Source: Eldina Jaganjac/Instagram

ジャガンジャックさんも昨年までは、「ムダ毛を処理しないと外出できなかった」と言うほど、手入れを怠ることを拒絶していた。

しかし、”女性らしい容姿”というのが男性と比べて非常に限定的であることに気付いてからは、自分の体毛で悩んでいた時間を夢や目標の実現に費やすことに決めたのだ。

そして彼女はこう断言する。「誰かが文句を言おうものなら、ずっと言わせておけば良い。どうせその人とは一生会わないだろうし、会ったとしても、別にどうってことないわよ」

 

おすすめ記事

  1. 中華料理店で働く少女に硫酸をかけた30代女を逮捕
  2. コンドームの巨大広告にゲイカップルが登場
  3. 野良猫が弁護士会の職員として採用される?その理由とは
  4. 不治の病に苦しむ金魚に、素敵な「浮き輪」をプレゼント?
  5. 医療従事者を侮辱 YouTuberに有罪判決
  6. 外国語の店名は「国家威信を傷付ける」として取り締まりの対象に
  7. レシートに「鬱陶しいアジア人2名」と記載、オーナーが謝罪声明を発…
  8. レスリング審判が試合直前に黒人選手に髪を切るよう指示

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。