NEWS

31歳の「ママ社長」、幼い息子を抱えながら株式上場セレモニーに出席

Source: Whitney Wolfe Herd/Instagram

北米やヨーロッパを中心に数千万人以上の登録者数を誇る出会い系アプリ『Bumble(バンブル)』が11日、米ナスダック市場に上場し、時価総額が86億ドル(約9000億円)に達した。

同社の創業者でありCEOのホイットニー・ウルフ・ハード氏(Whitney Wolf Herd=トップ画像)は、株式公開を果たした史上最年少の女性起業家となった。

若き女社長の快挙に注目が集まるなか、バンブルの公式Instagramに投稿された上場セレモニーで、1歳の息子を抱えながら式に出席したハード氏の姿に称賛の声が続出している。

Source: Bumble/Instagram

コーポレートカラーの黄色いスーツに身を包み、自信に満ちた笑顔でスクリーンに署名を入れたハード氏。

上場確定を告げるボタンを押すと、頭上からは黄色と白の風船が降り注ぎ、場内は一気に祝賀ムード一色となった。

「このセレモニーの全てが完璧だ」「未来の女性起業家にとっての希望の星だね」など多くの人々から歓喜の声が上がり、さらに「あなたのお陰で夫と出会えました」とアプリ利用者からの感謝の言葉も殺到した。

バード氏はバンブルを立ち上げる前、世界最大級のマッチングアプリ『Tinder(ティンダー)』の社員として働いていた。

しかし、同僚からのセクハラ被害に遭い退職。そして2014年、ロシアの起業家アンドレイ・アンドリーブAndrey Andreev)からの出資を受け、バンブルを設立したのだ。

Tinderでは女性が性行為目的で利用されるケースが多々ある問題に着目し、バンブルはマッチング後24時間以内に女性側がメッセージを送らなければマッチングが解消されてしまうという、女性主導のルールが設けられた。

こうした仕様が他のマッチングアプリとの差別化に繋がり、同社が急成長を遂げた一因となった。

関連記事

  1. 飛行機の窓を巡りビジネスクラスの男性客2人が大喧嘩
  2. 貧しい息子のために鞄を編んだ父親に感動の声が続出
  3. 「鶏の鳴き声がうるさい」?裁判所が隣人の訴えを却下
  4. シャネルが「男性向け」コスメラインを新展開!
  5. コンウェイ上級顧問、「女性はトランプ大統領のような上司を持つべき…
  6. チョコレート菓子、ダークチョコを「ブサイク」と呼び人種差別的だと…
  7. トランプ前大統領の息子、移住先の住民から毛嫌いされる?
  8. ムーラン実写化で唐王朝のメイクに挑戦する人が続出

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。