NEWS

コロナ禍で帰国できない国民へ、大統領からのXmasメッセージ

Source: President of Ireland/Twitter

新型コロナウイルスの第2波が欧州を襲うなか、各国で都市封鎖や時短営業など様々な制限が施行されている。

クリスマスが近付き、この時期は家族で過ごす習慣のある欧州だが、海外に居住している人々は帰省の断念を余儀なくされている状況だ。

そうしたなか、アイルランドのマイケル・D・ヒギンズ大統領が「光の川」と名付けたイルミネーションを大統領官邸に灯し、国に帰れない国民へクリスマスメッセージを送った。

Source: President of Ireland/Twitter

「2020年は、非常に厄介で悲惨な年でした。しかし、日が長くなり明るい時間が増えるクリスマスの季節は、まさに希望の象徴であり未来が良くなるというサインなのです。

アイルランドが故郷である人、子孫である人、関わりがある人、アイルランドの良き友である人。貴方が世界のどこにいようと、平和で幸福な素晴らしいクリスマスをお過ごしください」

大統領からの温かい励ましの言葉に、SNSでは多くの海外居住者が感謝の意を表している。

Source: President of Ireland/Twitter

速やかな対策を講じたことで感染者数が比較的少ないアイルランドでは、来年1月6日まで国内での移動の自由や少人数の集まりが許可された。

しかし入国制限は未だ厳しく、一定の条件を満たさない限り入国者には14日間の隔離措置を行う必要がある。

 

 

おすすめ記事

  1. 女性の飲酒が合法になった数日後、また違法に逆戻り?
  2. メルケル首相の後継人が「第三の性」を嘲笑し非難を浴びる
  3. 「スポーツ精神と可愛いは両立できる」母親の作品が話題に
  4. 主婦は労働対価を支払われるべきか?ネット上で議論が勃発
  5. 人気DJがホイットニー・ヒューストンの幻の楽曲をEDM風にリメイ…
  6. 「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到
  7. 愛国心の強化?「行き過ぎた娯楽番組」の放映を禁止
  8. ハローキティの鞄を求め長蛇の列 朝5時半から並ぶ人も

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。