NEWS

航空会社のCEOが自ら食品の宅配を行うと発表

Source: Tony Fernandes/Instagram

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界各国で移動制限が施行されているなか、需要の低迷した航空会社は前例のない苦戦を強いられている。

マレーシアの格安航空会社『AirAsia(エアアジア)』も、苦境に立たされている企業の一つだ。

しかし同社は社会情勢の変化にいち早く対応し、今年5月にフードデリバリーや免税品の通販サイトの運営を開始。さらに、全てのサービスを一括して利用できるアプリも開発させた。

現地メディア『Malay Mail』によると、エアアジアCEOのトニー・フェルナンデス氏(トップ画像)はフードデリバリーへ特に関心を寄せており、なんと自身が宅配ドライバーを担当すると公言したのだ。

 

Source: Tony Fernandes/Instagram

「あなたの家までご飯を届けるための準備中だ。エアアジア・フードを是非チェックしてくれ」

宅配用バイクの側でポーズを決めたフェルナンデス氏は自身のInstagramアカウントを使い、自信満々にデリバリーサービスのPRを行った。

大企業の社長が自宅に食べ物を持ってきてくれるという、2度とないであろうチャンスに多くのユーザーが飛び付き、国内のみならず海外でも大反響を呼んでいる。

同メディアによると、フェルナンデス氏が宅配に対応するのは首都圏内(クアラルンプール)で、12月1日から25日までの期間限定で実施されるようだ。

関連記事

  1. 痴漢容疑の44歳男に罰金900円? ネット上で波紋を呼ぶ
  2. ネット上で10代少女を装った元警察官、男児に性器の画像を送るよう…
  3. 韓国系ラッパーがコロナ差別を一蹴
  4. 外国人女性、 「低い英語力」が原因で入国を拒否される?
  5. BLM抗議デモの最中に登場した、黒人と白人の新婚カップル
  6. トイレ清掃員、便器の水を飲んで清潔感をアピール?
  7. 赤ん坊にお乳をあげながらランウェイを歩くママモデル!その動機とは…
  8. シャネルが「男性向け」コスメラインを新展開!

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。