NEWS

コロナ不況で解雇のパイロット、やむなく食品宅配業者に転身

Source: Anwar Ajid/Facebook

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動規制により、外食産業や観光業での失業者が後を絶たない。

その余波は、観光客の激減したマレーシアの航空会社も襲った。

8歳の娘がいるアンワル・アジドさん(トップ画像)は、コロナ不況で会社から解雇を告げられた元パイロットの1人だ。

 

Source: Anwar Ajid/Facebook

アジドさんは自分の置かれた状況をFacebookにシェアし、職探しをするなかでの苛立ちや葛藤をを詳細に記した。

「僕には、航空機を操縦するスキル以外になにもない。同僚は株や外国為替で収入を得ているけど、そんな知識はないしリスクも大きい。借金返済があるから、元本の用意もないよ」

失職後にパイロットの職を探すも、全て書類選考で落とされたという彼は、遂にパイロット以外の職種に応募することを決意。

現在、外出制限があるなかで需要が高まっている食品宅配サービス業へ転職したのだ。

 

Source: Anwar Ajid/Facebook

収入は、パイロット時代の1600リンギット(約15000円)から160リンギット(約1500円)まで減少。業務内容もクレーマー対応や蒸し暑い中でのバイク走行など前職から一変し、全く違う環境での仕切り直しを強いられている。

しかしアジドさんは「働くほかない」と宅配を続けており、8歳の娘が将来困らないよう、いずれは高収入の職に就くことを計画しているという。

アジドさんのストーリーは国内で注目を集め、未曽有の事態でも希望を捨てずに前進する姿勢に、称賛の声が多数届いている。

関連記事

  1. 女性警察官の目に唾をかけた男を逮捕
  2. コロナ感染を気にせずハグが出来る「抱擁カーテン」が話題に
  3. コロナ差別で留学生が現地学生と大喧嘩に
  4. ホームレスを追い出そうとしたスタバ店員に批判が殺到
  5. 芸人が身体障碍の娘を笑いのネタに?母親が抗議の声を上げる
  6. 「貧困は地方政府の責任」 内務大臣の発言が波紋を呼ぶ
  7. 反政府デモで逮捕されたカップルが保釈中に結婚
  8. 雲南省の動物園が「パンダの糞」をお土産として提供

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。