NEWS

コロナ差別からアジア系を守る犯罪抑止団体が誕生

Source: Meddafore/Twitter

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害拡大に伴い、アメリカではアジア系を狙ったヘイトクライムが相次いでいる。

そうした現状から人々を守るため、大都市ニューヨークの中華街でパトロール活動を行う自警団が発足した。

 

Source: Karlin Chan/Twitter

地元住民らによって結成された自警団『Chinatown Block Watch(チャイナタウン・ブロック・ウォッチ)』は、アジア系の多く住む中華街周辺をオレンジ色のベストを着てパトロールし、飲食店などの個人事業主と連絡を取り合いながら街の安全を見守っている。

 

Source: Meddafore/Twitter

現地メディア『Bowery Boogie』によると、同団体は警察のように犯罪者と直接対峙するのではなく、監視が行われている体制を見せることで犯罪の抑止力となることを目指しているという。

創始者のカーリン・チャン氏は同メディアの取材に対し、「コロナ禍にいるのは、みんな一緒だ。地域の安全を保たなければならない。次の被害者は、自分かもしれない」と語り、現在はボランティアの募集を呼び掛けている。

 

 

おすすめ記事

  1. 消防士が17歳少女に噛み付かれる 4針縫う大怪我
  2. 誕生日ケーキの”男女別”デザインが性差別…
  3. 政府が顔合成技術「DeepFake」の違法化を検討
  4. 「今日はどの人種になろうかしら」 人気モデルの発言が炎上
  5. マクドナルドが抽選で100万円相当のビッグマック指輪をプレゼント…
  6. 白人警官の射殺シーンを再現? 吹奏楽部の演劇が物議を醸す
  7. ハリウッド女優が愛娘にディズニーの視聴を禁止?その理由とは
  8. シリア難民と偽ったヨルダン人が元ルームメイトを刀で殺害

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。