HOT

コロナ苦の人々を救済するため、土地を売却したパーシャ兄弟

Source: Ali Reza/Twitter

インド南部カルナータカ州に住む兄弟が、自身の土地を売却して得た資金でコロナ苦に喘ぐ生活困窮者を支援し注目を集めている。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)など厳格な外出禁止令が施されているインドでは、経済活動の滞りによって生活困窮者が急増している状況だ。

そうしたなか、バナナ農園と不動産業を営むパーシャ兄弟(トップ画像左)が250万ルピー(約350万円)で土地を売り、炊き出しや物資支給などの救済支援をスタートさせたのだ。

現地メディア『Siasat Daily』によると、物資支援のなかにはマスクや消毒剤が含まれており、寡婦や孤児、そして医療従事者などを優先にして救済セットを届けているという。

幼くして両親を亡くし、同州コラール地区に住む母方の祖母に育てられたというパーシャ兄弟は、支援活動を始めた意義をこう語っている。

「コラール地区に移り住んだ時、僕らを心配した地域の人達が、いつも救いの手を差し伸べてくれていたんだ。そのなかにはイスラム教徒、ヒンドゥー教徒、シク教徒の人達がいて、偏見や差別意識もなく皆が協力してくれたよ」

自分達が今こうして生きているのは、幼い時に周囲が助けてくれたお陰だと話すパーシャ兄弟。彼らのこうした大規模な救済活動は、自分達をサポートしてくれた地域住民への恩返しなのである。

関連記事

  1. カーディ・Bの新曲『WAP』に批判続出、一方で擁護する声も
  2. 経済を支える移民労働者へ物資支援の呼びかけ始まる
  3. 男性2人が濃厚キス!?人気菓子のCMに批判が続出
  4. 増える「女殺し」に女性達の怒りが爆発
  5. ポケモンのブーツがお値段6万円で販売開始
  6. キリスト教の洗礼式で赤ちゃんが死亡、変革を求める署名活動が開始
  7. アメリカで民族学が高校の必修科目に、人種差別抗議デモが後押し
  8. 急増する憎悪犯罪、アジア人差別反対を公式に掲げる有名企業が続出

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。