HOT

コロナ禍で新生児が誕生 不安のなか幸せを掴んだ家族

Source: Scarlett Nettles via WSFA

新型コロナウイルス感染拡大に収束の兆しが見えず、多くの人が不安を抱きながらの生活を強いられている。

しかしアメリカで先月、そんな重苦しい状況のなかで新生児が誕生し、赤ちゃんを待ち侘びていた家族にこの上なき幸せが訪れた。

 

母親のエミリーさんと父親のトミーさん(上) Source: Tommy Edwards via ABC News

アラバマ州のバプテスト医療センターで撮影された上の写真は、先月22日に誕生したトーマス君を抱える両親の姿だ。

現地メディアによると、母親のエミリーさんはウイルス感染を防ぐために、妊娠中は恒例のベビーシャワーを断念。入院後も来訪者を受け付けていなかったという。

分娩時も夫のトミーさん以外の立ち合いが禁じられていたが、それでも2人の両親と親友は病院の駐車場で待機していた。そして赤ちゃんが産まれると、トミーさんが喜びのあまり分娩室の窓から家族の待つ駐車場に向かって、息子のトーマス君を掲げたのだ。

 

Source: Scarlett Nettles via WSFA

その瞬間を捉えた写真(画像上)はまるで、コロナ禍で憂鬱な雰囲気に包まれた世界に差し込んだ一筋の光のようだ。

撮影者であるトミーさんの母親のクリスティさんは、米メディア『Good Morning Ameica』の取材に応え、幸福感に包まれた当時の思いを以下のように語っている。

「混乱した世の中が、一気に美しい景色に変貌したの。すべてが完璧なひと時だったわ。この日のことは、一生忘れることはないでしょう」

 

 

おすすめ記事

  1. 筋力低下に苦しむ同級生の為に、6年間”おんぶ”で介助をする男の子…
  2. コロナ感染対策で「おひとり様レストラン」がオープン
  3. 「イケメンだから減刑して」母子殺害の犯人を擁護?怒りの声続出
  4. 性転換した夫と再婚、50代にして過去と決別した夫婦
  5. オンライン授業中に女児生徒へ性的暴行、18歳男を逮捕
  6. ダウン症の少女がグッチのモデルに抜擢される
  7. 「ベトナム人は敵だ」 美容品メーカー社長のヘイトスピーチが批判の…
  8. アパートに尿を掛けた20歳男性、大家の息子に刺され重傷

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。