HOT

腕のない障碍者の女性が両足で防護服を縫製

Source: Facebook

新型コロナウイルスの感染拡大により、医療現場における防護服の不足が深刻化している。

そうした危機的状況のなか、腕に障碍を持つ32歳の女性が、両足を巧みに使って防護服を縫製する映像がマレーシアで話題を呼んだ。

 

 

北部ペラ州出身のノルファラ・シャヒラ・シャーリさん(トップ画像)は、生まれつき両腕がない障碍を抱えており、食事や車の運転など両足を駆使しながら行っている。

現地メディアによるとシャーリさんは、同州にあるトゥルッ・インタン病院とトゥルッ・インタン診療所でのボランティア活動に参加し、1週間で252枚の防護服を縫製しているという。

シャーリさんは両足のみでミシンを使いこなし、さらに1日で8枚の防護服を完成させてしまうほど器量の大きい持ち主なのだ。

 

 

「両足を使って日々の業務をこなすことを学んだの。縫製は8年前、素敵な服を作りたくなった時に独学で身に付けたわ」

マレーシアの英字メディア『New Straits Times』の取材にこう応えたシャーリさんは、今では足で針に糸を通す作業も1秒で終わると語った。

医療従事者の荷が少しでも軽くなるよう直向きに努力する姿は、国内外のメディアに大きく取り上げられ、SNSではシャーリさんへの称賛の声が多数送られている。

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. プラスチックごみで遊ぶ野生の子猿達
  2. ポケモンの世界をマレーシア地図で再現
  3. テキサス在住の女性が傷付いた蝶々の羽を直し、ネット上で話題に
  4. 繋がった太い眉毛を堂々と誇示する美女モデル その意義とは
  5. アン・ハサウェイが人権向上イベントで「白人特権」を批判
  6. 猛暑の中、8時間もペットの犬を車内に放置させた女を逮捕
  7. タイ反政府デモ、高校生が「厳しすぎる校則」に抗議
  8. 「僕に優しいお父さんをください」7歳男児がサンタに宛てた願い事

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。