HOT

【新型コロナ】移民・難民が医療従事者のヘルパーとして活躍

Source: Instagram

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う医療崩壊が懸念されているなか、現場の最前線で戦う医療従事者からは心身ともに疲労が溜まっている。

彼らの負担を少しでも減らそうと、中東やアフリカなどから来た難民達が消毒作業や食事提供、マスク製造など医療施設のヘルパーとして活躍しているのだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by Hassan Akkad حسّان عقاد (@hassanakkad)

 

壊滅的な内戦の続くシリアから逃れてきたハッサン・アッカドさん(上)は、自身のインスタグラムで防護服に身を包んだ自撮り写真を投稿。

「僕はダマスカス(シリアの首都)出身だけど、ロンドンに住んでいる。近くの病院がヘルパーの募集をしていたから、訓練をした後に病室の消毒作業を終えたよ。コロナウイルスは国境を知らないが、愛も国境を知らない」

アッカドさんはインスタグラム上で、同じく医療従事者のヘルパーとして働いている難民の知人らを紹介している。彼らの中には消毒作業員以外にも、弁当係や清掃員など様々な形で援助を行っているようだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by UNHCR, the UN Refugee Agency (@refugees)

 

さらに、移民や難民の女性達が経営・運営しているメリーランド州のケータリング会社『Mera Kitchen Collective(上)』は、最前線に立たされている医療従事者や地域住民らに無償で食事を提供。

義援金を募ることで経営体制を維持しており、移民・難民のみならずコロナ不況で職を失った飲食業の人々も雇用しているという。

 

 

おすすめ記事

  1. 黒人差別撤廃運動「くだらない」 アジア系モデルに批判が殺到
  2. 末期癌の父親が1歳の娘に残した、19通の手紙
  3. 65歳男性、カラオケの歌いすぎで肺が破裂
  4. イギリスの保健省大臣、同僚との濃厚キスをスクープされ辞任
  5. アジア系の男性、黒人蔑視発言で会社から契約を打ち切られる
  6. ダウン症の少女がグッチのモデルに抜擢される
  7. 妊娠・出産した「男性」、父親として認められず
  8. のぞき魔に対する厳格な処罰を求め、ある女子大生が立ち上がった

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。