CRIME

元国連大使の娘を殺人容疑で逮捕

Source: Montgomery County Police

ジョン・ネグロポンテ元米国連大使の27歳娘が先月、知人を刺殺した疑いで逮捕・起訴された。

現地メディア『WTOP』によるとソフィア・ネグロポンテ(トップ画像)は事件当日、メリーランド州のロックビル市内にあるユサフ・ラスムセンさんの自宅に友人2人と遊びに来ていた。

友人の1人は警察の供述調書のなかで、その日3人はマルガリータを飲みながら一緒にテレビを観たり音楽を聴いたりして過ごしていたと述べている。

しかしその途中、ネグロポンテとラスムセンさんは何度か口論になっていたと明かした。そして怒ったラスムセンさんが自宅から出て行った後、彼が携帯電話を忘れたため戻ってきた時にネグロポンテから首をキッチンナイフで刺されたという。

供述調書には、911番通報を受けた警察官が現場に到着すると、ネグロポンテは苦痛に身をよじるラスムセンさんの身体を揺らし「死なないで」と叫んでいたと記されている。

容疑者の女は米外交官ジョセフ・ネグロポンテ氏の養女で、2005年から2007年までの期間はブッシュ政権下で国連大使として勤務していた。

複数の米メディアによると、殺人容疑で逮捕・起訴されたネグロポンテは保釈が認められていない。裁判は今月開廷予定と報じられている。

 

おすすめ記事

  1. 映画『ムーラン』のボイコット運動がタイでも拡大
  2. 男がブラックフェイスで出廷「俺を黒人みたいに扱いやがって」
  3. 大量の男性器がビーチに漂着!?謎の生き物の正体とは
  4. 貧しい同僚のため?大量のタクシー運転手が霊安室の遺体を持ち去る
  5. 学費は「プラスチックごみ」でOK?貧困児童への新しい教育モデルと…
  6. 【新型コロナ】移民・難民が医療従事者のヘルパーとして活躍
  7. トランプ大統領の愛娘、1週間で税金260万円を使用
  8. 中国系の店員に「猫のフライはないか」と聞く動画が人種差別的だと批…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。