CRIME

ツイッターで嫌がらせ行為、39歳女に有罪判決

Source: Twitter, Facebook

トランスジェンダーの女性に対しネット上で嫌がらせ行為を繰り返していた39歳の女に有罪判決が下された。

複数の英メディアによると、2児の母であるケイト・スカトウ(トップ画像右)は20189月から昨年5月までの間、弁護士でありトランスジェンダーのステファニー・ヘイデン氏(トップ画像左)に対し、ツイッターで誹謗中傷やアカウントのなりすまし等を行っていた。

スカトウは裏アカウントを利用して、ヘイデン氏に「ヅラを被った豚」「女じゃなくて男だろ」などと度重なる暴言を吐いていたという。

過去にヘイデン氏はスカトウに対する民事訴訟を起こしており、スカトウが嫌がらせを止めることを約束して和解に応じていた。

だが裁判が終わり暫くすると、スカトウはツイッターで新たなアカウントを作成し、再びヘイデン氏に向けた攻撃的なツイートの投稿を始めたのだ。

これにヘイデン氏は刑事告訴で対抗。警察は先月5日、ハートフォードシャー州にあるスカトウの自宅まで赴き、その場で彼女を逮捕した。

そして逮捕から約1週間後に開かれた裁判で判事は、「公共の交流場所を利用し、被害者に対する迷惑行為を続けて不安感を駆り立てた」として、スカトウに執行猶予付きの有罪判決を下した。

英メディアによると、開廷中は裁判所の外でスカトウの支持者が待機しており、「私達は表現の自由を愛している」というプラカードを掲げながら「ヅラを被った豚!お前は男だ。さぁ私を告訴してみろ」などと大声で叫んでいたという。

スカトウの弁護人は「警察の捜査はヘイデン氏の一方的な主張しか聞き入れていない」と訴え、控訴する方針を示している。

 

おすすめ記事

  1. 早老症の女性を揶揄うTikTokの最新トレンド、本人が苦言を呈す…
  2. ゲイ専門の出会い系サイトを運営していた男性2人が逮捕される
  3. 実子3人を繰り返し強姦した父親に懲役33年、小児性愛障害と診断
  4. 「あつ森」で千と千尋の神隠しの世界観を表現
  5. 人懐こいペットのカラス、アイリー
  6. 「韓国人が咳込むか不安」コロナウイルスのネタに非難の嵐
  7. 白人男性の”ペット役”にアジア人女優を起…
  8. ディズニー・プリンセス達の”現在”を描い…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。