CRIME

700円を巡りボクサーの少年を殺害した20歳男に終身刑

Source: Northumbria Police

5ポンド(約700円)の両替えを切っ掛けに口論になり、18歳の少年を刺殺した20歳の男2人に終身刑が言い渡された。

イギリス北東部の港湾都市サンダーランドで昨年2月、レイトン・バロー(トップ画像左)とアリー・ゴードン(トップ画像右)は、夜遅くにパブに来ていた少年達にドラッグを売ろうと路地裏まで接近した。

しかし、少年達が断ると今度はバローが10ポンドを5ポンドに両替えしてほしいと頼み、それに応えた1人の少年が「釣り銭をごまかした」ことを理由に口論となった。そして、攻撃的になったバローを恐れた少年が恐怖心から彼の顔を殴ってしまったと、現地メディア『The Chronicle』は伝えている。

一度その場を離れたバローとゴードンが再び少年らの前に現れ、スペツナズ・ナイフを手に「これは復讐だ」「俺がお前らに何をするか、しっかりと見ておけ」と脅迫したという。

そして少年らが逃げようとした時、コナー・ブラウンさんが友人を守ろうと2人の前に立ちはだかったのだ。

殺害されたブラウンさん(上) Source: Northumbria Police

ナイフを装備していることに怖気付くことなく、ブラウンさんはバローの顔を拳で強打した。そして、バローとゴードンに脅迫をやめるよう訴えたという。

しかしその直後、バローは無防備のブラウンさんに対してナイフで反撃。それでも抵抗するブラウンさんに馬乗りし、何度も彼の身体を刺し続けたのだ。その間ゴードンは、バローに抑えられたブラウンさんに殴る蹴るなどの暴行を加えていたという。

意識を失ったブラウンさんは友人らによって病院に搬送されたが、出血多量により帰らぬ人となった。

バローとゴードンは殺人罪で逮捕・起訴され、昨年12月に最低でも20年は仮釈放なしの終身刑が下された。

ボクシングが好きだったというブラウンさんは、「とても親しみやすい人で、みんなに好かれていた」と、彼の両親や友人は口々に話している。

 

おすすめ記事

  1. 役員募集の求人票に「西欧人なら尚良し」の表記で批判続出
  2. 母親との濃厚キスは「文化」?人気歌手に批判が続出
  3. 上司に絵文字を送信した女性が解雇される
  4. ヘアカットに満足せず美容院に2年間も嫌がらせ行為
  5. 卵25万個を廃棄、コロナ禍が収束し供給過剰に
  6. 愛用のイヤホンにアシダカ軍曹が住み着く!?
  7. バスは見逃し、親の車は衝突・・・試験会場に急ぐ高校生を警察官が送…
  8. 亡き夫へ捧ぐ 妻がウェディングドレスで写真撮影に挑む

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。