ANIMALS

可愛すぎる!ペットのキツネの写真を投稿するインスタアカウント

Source: juniperfoxx/Instagram

犬、猫、うさぎ、牛、馬、羊・・・、人間に飼われる動物は多種多様だ。

蛇やフクロウなどの珍しい動物を飼う人も少なくはない。

しかし、世の中には人に懐かない動物として名高いキツネをペットとして飼っている人がいるのだ。

そうしたなか、ペットのキツネとの日常を捉えた写真や動画を投稿するインスタグラムアカウント『JUNIPER & FRIENDS』が注目を集めている。

 

“世界一幸せなキツネ”のジュニパーに人気が集まる

View this post on Instagram

A post shared by JUNIPER & FRIENDS (@juniperfoxx)

 

赤ん坊の時に保護されたメスの子狐は、Juniper(ジュニパー)と名付けられた。

非常に小さい時から人間に囲まれて暮らしていたためか、野生のキツネとは裏腹にまるで犬のように人に懐いている。

愛らしいジュニパーの姿を見た人達は、彼女を「世界一幸せなキツネ」と呼ぶようになった。

 

キツネを飼いたいという人に対し、飼い主が注意喚起を促す

Source: juniperfoxx/Instagram

飼い主や他の動物と幸せそうに遊ぶジュニパーの姿に、多くのユーザーから「私もキツネを飼いたい!」というコメントが投稿されている。

しかし飼い主の女性は、こうした声に対して以下のように注意喚起を促している。

「キツネを犬と同一視するのは間違いです。犬と似たような行動を取ることはあるけれど、キツネには人間を喜ばたいと思うような本能はありません。

逆に、キツネは噛みついたり暴れたりするのが自然なの。社交的なキツネになるには、多大の時間と労力を費やすわ。

ジュニパーには、自分の時間の90%を費やしてる。噛みつかれたくなかったら、飼わないで。常に尿の後処理をしたくなかったら、飼わないで。ベッドで一緒に寝たいなら、飼わないで」

安易な気持ちでペットを飼い、手に負えなくなると捨てるという無責任な飼い主が後を絶たない今、彼女の言葉は非常に理にかなっている。

 

動物保護センター開設に向けた募金活動も

Source: juniperfoxx/Instagram

飼い主の女性はウェブサイトを構築し、ジュニパーに関するブログ記事やインスタグラムの更新情報を載せている。

それに並行させ、あらゆる動物の保護施設を開設するための募金活動も行っているのだ。

「動物保護センターを構築するための募金をお願いいたします。保護センターでは病気や傷付いた野生動物を療養し、捨てられた外来種の里親を探し、殺処分される犬達を保護します」

募金は$10から受け付けており、資金提供は公式サイトから出来るようになっている(※英語表記)。

 

おすすめ記事

  1. M7.1の大地震が発生、しかしツイッターでは笑いのネタに
  2. SNSで地元の飲食店を支援 コロナ不況のなか
  3. コロナ規制緩和でバーガーキングに長蛇の列、警察も出動
  4. 骨折したと嘘を付きビジネスクラスにアップグレード?
  5. 3Dプリンタで作れる、格安ビーガンステーキとは?
  6. 「スタッフの笑顔が見えない」と苦情殺到、CAのマスク着用を中止に…
  7. 赤毛に碧眼、アルビノのアシカの赤ちゃんに注目が集まる
  8. アン・ハサウェイが人権向上イベントで「白人特権」を批判

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。