CRIME

謎の全身ラバー男 夜道で住民に襲い掛かる卑劣な犯行

Source: Handout from BBC

イギリスの大手メディア『BBC』に14日、20代の若い女性が駆け付けた。「夜道を歩いていたら、突然ラバースーツを着た男が襲い掛かってきた。どうにかして男の写真を撮ることが出来ました」。女性は自らBBCに赴き、「再発防止になる」として匿名で被害を訴えたのだ。

女性は不審な男を見つけた後、携帯カメラを起動していたため撮影に成功した。そして彼女が叫び声を上げると、男は急ぎ足でその場から去っていった。

「息を荒くして性器を弄りながら、私に近付いてきた」

どうやらこの男は、数年前から南西部サマセット州クラバーハム群の夜道を黒いラバースーツ姿で徘徊し、主に若い女性をターゲットにストーカー行為を繰り返しているようだ。通報を受けた地元警察はヘリコプターや警察犬を出動させて犯人の捜索に乗り出すも見つからず、男は未だに逃走中だという。

男の容貌からネット上では笑いのネタとなっているようだが、住民は男の存在に日々怯えていると女性は訴えている。

「この男に遭遇するのが恐ろしくて、外に出ることができなくなった。目を閉じても、男の姿が目に浮かぶ」

サマセット警察は事態を重く受け止め、地域の警備体制を強化すると公式声明を発表した。

イギリスでは2013年頃に南東部エセックス州で同じく黒いラバースーツを着た男性が街中で目撃されていたが、妻も子供もいるというこの男性は「メンタルヘルス支援の募金活動のため、目立つ格好をしていた」と自身のフェイスブック上で明言しており、今回の事件の犯人との関連性は薄いとみられる。

 

おすすめ記事

  1. 反政府デモで逮捕されたカップルが保釈中に結婚
  2. 米大統領選挙、争点に「肉の消費量」が加わる?
  3. アジア系を狙った集団暴行を止めようとした男性、犯人に顔を殴られ重…
  4. SNSで地元の飲食店を支援 コロナ不況のなか
  5. 飼い主の元を目指し、ラクダが100㎞の道のりを歩く
  6. 白人男性が尺八の演奏を披露するも、「日本文化の盗用」と批判が続出…
  7. コモドドラゴンの深刻な密猟被害によりコモド島が封鎖される
  8. 中国人を侮辱?アマゾンの商品が問題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。