CRIME

酸攻撃の被害者男性 「殺された方がマシだ」と憤怒

Source: Provided

イギリスの首都ロンドンで先月21日、一般車両同士によるカーチェイスの末、相手に猛毒の酸をかけられた運転手の男性が「殺された方がマシだ」と主張し反響を呼んでいる。

白昼のなか起きた事件当日、アシッドアタック(酸攻撃)に遭った被害者男性は激痛に転げ回り、異変に気付いた周囲の人々が冷水をかける等の応急処置に当たっていた。

しかし男性の肌は既に焼けただれており、顔を含む身体中に痛々しい傷跡が残った。

 

Source: Provided

被害者男性が傷付いた顔の写真をSNSで公開し、苦痛の表情で「お前は俺を殺すべきだった」と訴えた。

ロンドン警視庁の発表によると、被害者は20代の男性2人で、双方とも大火傷を負ったが命に別状はないという。

本件は国内で大きな関心を集め、加害者に対して重い刑罰を求める声が高まっている。

アシッドアタックは中東や南アジアで頻繁に発生していたが、近年はイギリスでも被害件数が増加傾向にある。嫉妬や逆恨みから相手の人生を破滅させる目的で利用されており、多くの人々に恐れられている許しがたい凶行だ。

 

 

おすすめ記事

  1. 住処を追われた「神の化身」 野生の猿による襲撃事件が多発
  2. 不法移民が電車で国境を越えようとして感電事故に遭う
  3. 親を亡くし1人で自活する10歳の男の子
  4. ロサンゼルスでリアルファーの製造・販売禁止法案が可決
  5. 42歳男、アジア系の経営する店舗を連続して破壊
  6. 「ゲイの男は生理がないくせに」 司会者の発言に批判殺到
  7. 「餓死か安楽死」 営業自粛で動物園が悲鳴
  8. 国会議員がヒトラーのコスプレをしてモディ首相に抗議!

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。