ANIMALS

飼い猫が全身にスプレーを掛けられ3日後に死亡

Source: CEN/Sina Hermann

スイスとフランスの国境沿いに位置するバーゼル=ラント準州で先月23日、何者かにスプレーを吹き掛けられた老猫が、動物病院に運ばれた3日後に死亡した。

被害を受けた猫のミゲリはシナ・クンツさんの飼い猫であり、13歳の高齢猫だったという。

「彼女の全身に黄色いウォータープルーフのスプレーが掛かってたわ。特に顔が酷くやられていた」

Source: CEN/Sina Hermann

クンツさんは慌てて動物病院に駆け付けるも病状は悪化し、ミゲリは3日後に他界した。彼女はメディアへの声明にて、犯人は近辺で続いている猫をターゲットにした虐待者と同じではないかと訴えている。

同州ビール=ベンケン地区ではミゲリが被害を受ける数日前から、ヒゲを含む全身の毛を刈られたり手足を骨折させられるなどの虐待が相次いでいたというのだ。ミゲリの死後、クンツさんは警察に通報し、現在はその他の類似事件も含めて捜査中だと報じられている。

スイスでは「動物の尊厳」が憲法によって保護されている、世界有数の動物福祉先進国だ。2005年に規程された動物保護法では、家畜や実験用動物を含む全ての脊髄動物と一部の無脊髄動物に虐待あるいはネグレクト(養育放棄などで衰弱させること)などで苦痛を与えた場合、最大で3年の懲役刑が課される。

 

おすすめ記事

  1. 国王誕生日を祝い、国民に「野良犬の保護」を奨励?
  2. ローガン・ポールの父親が逆切れ?四面楚歌の息子に母親も釈明
  3. 神秘的な黒人美女モデル達の姿
  4. 男性10人を泥酔させ金品を奪った女2人を逮捕
  5. コロナ禍を軽視するトランプ大統領に看護師が激怒
  6. トイレットペーパーを巡り乱闘騒ぎに 母娘を逮捕
  7. 末期癌の父親が1歳の娘に残した、19通の手紙
  8. 野良猫の世話をするアルバイトに応募が殺到!

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。