CRIME

新型コロナ給付金詐欺、2億円不正受給で男8人を起訴

Source: Department of Justice

アメリカ・ニューヨーク市の連邦裁判所は18日、200万ドル(約2億1700万円)相当の新型コロナ給付金を騙し取ったとして、18歳から25歳の男8人を起訴した。

検察側が公開した裁判所文書によると被告人らは、パンデミックで打撃を受けた失業者を救済するために設けられた特例の失業保険制度(CARES法)を悪用し、昨年6月から今年4月までの間に他人の個人情報を利用して100件以上の虚偽申請を送付していたという。

さらに、その中の4人が騙し取った給付金の札束を誇示する写真をSNSに投稿し、マーク・J・レスコ検察官は声明で「盗んだ金をSNSで見せびらかす程の厚かましさだ」と被告人に対する強い不信感を露わにしている。

Source: Department of Justice

他人名義のカードを使い、ニューヨーク市内のATMで大金を引き出す容疑者らの姿が監視カメラ映像に残されており、検察側はその瞬間の画像も文書に掲載した。

警察は18日に6人を逮捕したが、現在は保釈中だと報じられている。残る2人は今も逃亡中だという。

 

おすすめ記事

  1. 実子3人を繰り返し強姦した父親に懲役33年、小児性愛障害と診断
  2. Jay-Zが新曲”Family Feud”…
  3. 酸攻撃の被害者男性 「殺された方がマシだ」と憤怒
  4. EU最高裁判所が「家畜の非人道的な屠殺方法」を非難
  5. 「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到
  6. コンドームの巨大広告にゲイカップルが登場
  7. イギリスで「勃起したペニス」が地上波初放送される
  8. 警察官が万引き犯にクリスマスプレゼントを購入? その理由とは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。