CRIME

離婚協議中の妻を殺害し肉挽き機で解体した56歳夫が出廷

Source: Handout via 搜狐, Screenshot from 浙江衛視

中国・浙江省の地方裁判所で14日、昨年7月に離婚協議中だった妻を殺害した男の裁判が行われた。

香港メディア『South China Morning Post(以下、SCMP)』によると夫のシュウ・グオリ(トップ画像右)は、殺害は衝動的であり計画性はないと主張している。さらに彼の弁護人はシュウの精神疾患を訴え、量刑を軽くするよう裁判官に懇願した。

しかし検察側は、綿密に計画された犯行であると断言。シュウは犯行時、妻のライさん(トップ画像左)の牛乳に薬品を混ぜた後に口元をテープで塞ぎ、肉挽き機を使用して死体を解体したというのだ。

テレビの取材に応えるシュウ(上) Source: Screenshot from 浙江衛視

警察が2人の住むアパートの腐敗槽を調べた結果、ライさんのDNAが付着していたことが判明したため、シュウが肉片をトイレに流したとみられる。

一方で、事件後にシュウの娘が行方不明者届を提出した後、シュウはライさんを発見した人へ10万元(約170万円)の謝礼金を支払うと公言。メディアの取材にも何度か応えており、そこで彼は「寝ている間に妻が家を出て行った」「妻を探し出すために協力してほしい」などと述べていたという。

しかし警察の捜査が進行し、ライさんがアパートから一切外出していなかったことが監視カメラ映像によって発覚。シュウを容疑者と判断した警察が取り調べを行い、彼は何度か無罪を主張した後に容疑を認めたという。

SCMPによると、シュウは2008年にライさんと結婚したが、娘の教育方針で意見の食い違いが発生して以降は口論が絶えず、シュウはライさんから「役立たず」なとと罵倒されていたことを恨んでいたと話している。

裁判官はシュウに有罪判決を言い渡し、量刑は後日発表される。

 

おすすめ記事

  1. 42歳男が不倫相手だった妻の姪を銃殺
  2. 飲酒運転で捕まった女が「私はこんなに可愛いのに」と懇願
  3. LAに移住したヘンリー王子とメーガン妃がパパラッチを提訴
  4. モン族の女性がミス・ミネソタに初選出される
  5. ダウン症の娘を罵倒する匿名ユーザー達に父親が激怒
  6. 白人男性が尺八の演奏を披露するも、「日本文化の盗用」と批判が続出…
  7. 中華航空の新CMが「旅のリアルを描いている」と話題に
  8. 女優ガル・ガドットが「身体障害差別主義者」とネット上で非難される…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。