CRIME

「黒人の命に価値はない」 ジョージ・フロイドさんの壁画に差別用語の落書き

Source: Daniel Anguilu/Instagram

アメリカ南部テキサス州で22日、黒人差別撤廃運動の象徴であるジョージ・フロイドさんの壁画に、黒人差別用語の落書きがされているのを現地記者が発見した。

同州の都市ヒューストン市内にあるこの壁画は、昨年5月にミネソタ州で白人の警察官がフロイドさんを死に至らせた事件の直後に描かれたもので、その横には彼の最期の言葉「I can’t breath(息が出来ない)」の文字が記されている。

現地警察によると被害が起きたのは22日未明とみられており、容疑者で元警察官のデレク・ショーヴィンに有罪判決が下された僅か2日後のことだった。

Source: Chauncy Glover/Twitter

落書きは現在、壁画を手掛けたダニエル・アンギル(Daniel Anguilu)さんによって消されているが、当時は「ニガーの命に価値はない」と書かれていたという。ニガーはアメリカで「Nワード」と呼ばれる黒人差別用語で、奴隷制度が存在していた時代に白人がアフリカ系の人々をそう蔑称していたことから、現地での使用が厳しく規制されている単語だ。

また、この壁画は過去に何度も差別的な落書きの被害を受けたことがあったと報じられている。

現場には監視カメラが設置されておらず、捜査は困難を極める可能性が高い。

犯行動機が明らかにされていない中、トロイ・フィナー署長は声明で「多様性のある洗練された街の平和を、たった1人の悪人に壊されるようなことがあってはならない」と訴え、全ての市民に対し一致団結するよう呼びかけた。

 

 

おすすめ記事

  1. バンドエイドが有色人種向けの絆創膏を新発売
  2. アジア地域で”チーズ茶”が話題沸騰!未知…
  3. チョコレート菓子、ダークチョコを「ブサイク」と呼び人種差別的だと…
  4. 「活性炭」を使った料理が都市部で話題に
  5. ゾウの子供が過労で倒れ込む?「象乗り」に対する批判の声が高まる
  6. 人気女優が貧困層を蔑視?批判殺到で謝罪
  7. アジア系の白人至上主義者を逮捕 「ヒスパニック共は皆殺しだ」
  8. 3密を解消? 街中に「米ATM」が登場

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。