ANIMALS

ホームレスの男性が保護施設の火災から犬猫を救出

Source: Gracie Hamlin

アメリカ南東部ジョージア州で火災から犬猫を救出したホームレスの男性に注目が集まっている。

火事が発生したのは、同州の都市アトランタにある犬猫の保護施設『W-Underdogs』。ここでは、市内で発見された野良犬や捨てられたペットにシェルターを提供し、新たな飼い主が決まるまで面倒を見ている。

Source: W-Underdogs/Facebook

しかし先月18日、キッチンから突然火の手が上がり、動物達は煙が立ち上る建物の中に取り残されてしまった。

すると、あるホームレスの男性が炎の燃え広がる施設の中に突入し、中にいた犬猫数匹を救い出したのだ。

彼の名は、キース・ウォーカーさん(トップ画像)。以前からW-Underdogsと関わりを持っており、同施設は彼の愛犬ブラボー(トップ画像)に餌と住居を提供していたという。

キース・ウォーカーさん(上) Source: W-Underdogs/Facebook

ウォーカーさんは米メディア『CNN』の取材に応え、当時の思いを以下のように語っている。

「建物は煙で覆われていて、すごく怖かったよ。でも僕は動物を助けるために、神様に導かれたんだ。ブラボーは僕の親友で、彼がいなかったら今の僕は此処にいない。だからこそ、他の犬達も救い出さなければいけないと決意したんだ」

その後、現場に到着した消防隊によって火災は鎮火し、全ての動物が無事に救助された。現在、W-Underdogでは新しい施設への移動準備が着々と行われている。

Source: W-Underdogs/Facebook

ウォーカーさんの勇敢な行動は国内で大きく報じられ、「なにか彼に手助けできることはないか」との要望が同施設に殺到した。

クラウドファンディングサイト『GoFundMe』で新たなページが作成され、ウォーカーさんと施設の動物達のために8万ドル(約825万円)もの支援金が寄せられている。

 

おすすめ記事

  1. ヨーロッパ横断旅行でブレグジット反対の軌跡を描くプロジェクトに挑…
  2. ダウン症の弟に歌いかける男の子の動画が話題に
  3. 芸人が身体障碍の娘を笑いのネタに?母親が抗議の声を上げる
  4. ナチスのシンボル、鉤十字のマスクを付けた男女に批判続出
  5. シンガポールの好立地に家賃4万円の物件が登場、その理由とは
  6. 独身の教師のみに付与される「愛の休暇」とは?
  7. 長時間スマホで遊んでいた男性が視力を一時的に失う
  8. 動物サーカスは「非人道的」であるとして公演禁止に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。