ANIMALS

ホームレスの男性が保護施設の火災から犬猫を救出

Source: Gracie Hamlin

アメリカ南東部ジョージア州で火災から犬猫を救出したホームレスの男性に注目が集まっている。

火事が発生したのは、同州の都市アトランタにある犬猫の保護施設『W-Underdogs』。ここでは、市内で発見された野良犬や捨てられたペットにシェルターを提供し、新たな飼い主が決まるまで面倒を見ている。

Source: W-Underdogs/Facebook

しかし先月18日、キッチンから突然火の手が上がり、動物達は煙が立ち上る建物の中に取り残されてしまった。

すると、あるホームレスの男性が炎の燃え広がる施設の中に突入し、中にいた犬猫数匹を救い出したのだ。

彼の名は、キース・ウォーカーさん(トップ画像)。以前からW-Underdogsと関わりを持っており、同施設は彼の愛犬ブラボー(トップ画像)に餌と住居を提供していたという。

キース・ウォーカーさん(上) Source: W-Underdogs/Facebook

ウォーカーさんは米メディア『CNN』の取材に応え、当時の思いを以下のように語っている。

「建物は煙で覆われていて、すごく怖かったよ。でも僕は動物を助けるために、神様に導かれたんだ。ブラボーは僕の親友で、彼がいなかったら今の僕は此処にいない。だからこそ、他の犬達も救い出さなければいけないと決意したんだ」

その後、現場に到着した消防隊によって火災は鎮火し、全ての動物が無事に救助された。現在、W-Underdogでは新しい施設への移動準備が着々と行われている。

Source: W-Underdogs/Facebook

ウォーカーさんの勇敢な行動は国内で大きく報じられ、「なにか彼に手助けできることはないか」との要望が同施設に殺到した。

クラウドファンディングサイト『GoFundMe』で新たなページが作成され、ウォーカーさんと施設の動物達のために8万ドル(約825万円)もの支援金が寄せられている。

関連記事

  1. コロナ差別で自警団がアジア系の護衛にあたる
  2. 極右政治評論家の美女がオバマ夫人に物申す!?
  3. 黒人死亡事件の暴動からスーパーを守る市民の姿
  4. 法律が障壁に?実母を惨殺した12歳男児を不起訴処分
  5. アンバー・ローズ、6歳息子への性教育を徹底していると告白
  6. 美女ラッパーが警察に暴行 懲役5年の危機
  7. 黒人差別撤廃運動「くだらない」 アジア系モデルに批判が殺到
  8. 環境保護団体がファッションショーの中止を要求

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。