ANIMALS

親友はペットの犬? 笑顔を見せる人懐こい狐のフォクシー

Source: Cliodhna O Leary/Facebook

アイルランド南部コークに住むクリーナ・オリーリさんには、放し飼いをしている1匹の狐がいるという。

現地メディア『Irish Post』によると、Foxy(フォクシー)と名付けられた雌の狐は、生後3週間ほどの時期に母親が死んでしまい、クリーナさんの父親ドナルさんがもう1匹の子狐と一緒に自宅で保護していた。

Source: Cliodhna O Leary/Facebook

ドナルさんとクリーナーさんは、2匹が十分に成長したことを確認し野生に還すも、その後も彼らは毎日オリーリさんの家を訪れていたという。

しかし今夏の終わり、1匹の子狐が外で遊んでいるときに車に轢かれて亡くなってしまった。

それでもフォクシーはオリーリ一家へ会いに来ることを続け、ペットの愛犬エッシーと一緒に遊んだり、クリーナーさんと散歩に出掛けるなどして絆を深めていった。

エッシーとフォクシー(上) Source: Cliodhna O Leary/Facebook

フォクシーと初めて出会った時から大切に育ててきたドナルさんは、2か月前に他界した。

ドナルさんの死にオリーリ一家は深い悲しみに包まれたが、クリーナーさんは「最近、フォクシーがよく笑うようになったの」とIrish Postの取材に応え、父親からのメッセージなのではないかと話している。

ドナル・オリーリさん(上) Source: Cliodhna O Leary/Facebook

クリーナーさんはフォクシーとの日常をFacebookに投稿し、彼女の特徴的な笑顔の表情は今も健在だ。

また、大自然の映像などをシェアする人気のFacebookグループ『Wild Atlantic Way』にシェアしたフォクシーの写真は1万件以上のいいね!が寄せられ、笑顔を見せて人に懐くその愛らしさに心を奪われる人々が続出している。

 

おすすめ記事

  1. ユダヤ教徒をヘイトスピーチから救ったイスラム教徒の女性に称賛の声…
  2. 24歳女性が恋人にプロポーズ、BMWと家もプレゼント
  3. 4度目の正直?大学入試に挑む84歳のおじいちゃん
  4. AIに生前の声を録音 末期癌の父親が幼い息子と愛妻に残したプレゼ…
  5. 「私は犬じゃない」 助演女優賞ユン・ヨジュン、記者からの質問に困…
  6. 外国語の店名は「国家威信を傷付ける」として取り締まりの対象に
  7. 国内初のゲイ・パレードが「子供を守るため」禁止に追い込まれる
  8. AIロボットが人事部長に? 管理職がロボットに奪われる時代到来か…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。