ANIMALS

親友はペットの犬? 笑顔を見せる人懐こい狐のフォクシー

Source: Cliodhna O Leary/Facebook

アイルランド南部コークに住むクリーナ・オリーリさんには、放し飼いをしている1匹の狐がいるという。

現地メディア『Irish Post』によると、Foxy(フォクシー)と名付けられた雌の狐は、生後3週間ほどの時期に母親が死んでしまい、クリーナさんの父親ドナルさんがもう1匹の子狐と一緒に自宅で保護していた。

Source: Cliodhna O Leary/Facebook

ドナルさんとクリーナーさんは、2匹が十分に成長したことを確認し野生に還すも、その後も彼らは毎日オリーリさんの家を訪れていたという。

しかし今夏の終わり、1匹の子狐が外で遊んでいるときに車に轢かれて亡くなってしまった。

それでもフォクシーはオリーリ一家へ会いに来ることを続け、ペットの愛犬エッシーと一緒に遊んだり、クリーナーさんと散歩に出掛けるなどして絆を深めていった。

エッシーとフォクシー(上) Source: Cliodhna O Leary/Facebook

フォクシーと初めて出会った時から大切に育ててきたドナルさんは、2か月前に他界した。

ドナルさんの死にオリーリ一家は深い悲しみに包まれたが、クリーナーさんは「最近、フォクシーがよく笑うようになったの」とIrish Postの取材に応え、父親からのメッセージなのではないかと話している。

ドナル・オリーリさん(上) Source: Cliodhna O Leary/Facebook

クリーナーさんはフォクシーとの日常をFacebookに投稿し、彼女の特徴的な笑顔の表情は今も健在だ。

また、大自然の映像などをシェアする人気のFacebookグループ『Wild Atlantic Way』にシェアしたフォクシーの写真は1万件以上のいいね!が寄せられ、笑顔を見せて人に懐くその愛らしさに心を奪われる人々が続出している。

 

おすすめ記事

  1. 割れた腹筋に刺青の入った僧侶? 新星モデルに世界中が注目
  2. ナチスのシンボル、鉤十字のマスクを付けた男女に批判続出
  3. コロナ禍で多忙な配達員の男性、誕生日ケーキを贈られて歓喜の涙
  4. 「LGBT+禁止区域」の街、資金援助を断たれ財政難に陥る
  5. ブリジット・バルドーがセクハラ撲滅運動を「目立ちたがりの集まり」…
  6. 男がブラックフェイスで出廷「俺を黒人みたいに扱いやがって」
  7. 「ブラが透けてるから」 図書館が女性の入場を拒否
  8. インスタグラマーが豆電球を機内に持ち込み批判が殺到

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。