CRIME

白人至上主義団体『KKK』がバイデン支持者に嫌がらせ行為

Source: Greg Goebel/flickr

アメリカ南部テネシー州で、白人至上主義団体『クー・クラックス・クラン(KKK)』による奇妙な迷惑行為が多発した。

大統領選挙を目前にした今月初旬、同州ベッドフォード郡にある住宅地の庭に、複数の”カード”がばら撒かれていたという。

被害者の1人であるブレアナ・グリーンさんが現地メディアの取材に応え、カードには「KKKからのご挨拶」「次は電話をかける」との記載があったと述べている。

さらに、敷地内に立てていたジョー・バイデン氏(民主党大統領候補者)の支持を表明した看板にタイヤの跡が付いていたと明かした。

「政治家を支持するだけで犯罪に遭うなんて、恐ろしいわ。それに有色人種の住民にとっては、もっと不安で仕方がないと思う。

地域が一丸となって、彼らは歓迎されているのだと思ってもらわないといけない」

一方で警察の調べによると、被害を受けた人のなかにはトランプ支持者も含まれていたことが判明している。警察署長はヘイトクライムの可能性は低いと述べつつ、被害を受けたら直ぐ通報するよう促した。

 

おすすめ記事

  1. Wi-Fiを巡り姉を殺害した18歳男に終身刑
  2. 飛行機のヘッドレストに足を乗せる迷惑客の写真が話題に
  3. 女性店員だけのスターバックス、インドで新しくオープン
  4. スウェーデンのウプサラ中央駅が簡易プールに様変わり!?
  5. 野生動物の「殺生コンテスト」が禁止に 生態系破壊に懸念
  6. 宝飾はダイヤモンドと隕石!?22億円の靴がドバイでお披露目
  7. 80代の高齢カップル、40年以上の時を経て結婚を決意
  8. 貧しい同僚のため?大量のタクシー運転手が霊安室の遺体を持ち去る

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。