CRIME

アジア圏で人気のカップケーキ店、外国人労働者を低賃金で搾取か

Source: Twelve Cupcakes

香港や韓国などアジア圏で43店舗を展開している、シンガポールの人気カップケーキショップ『Twelve Cupcakes』が今月、外国人労働者を低賃金で働かせていたとして起訴された。

現地メディア『TODAY』によると、同店で2016年から2019年の間に勤務していた8人の元従業員が訴えを起こしたという。

外国人労働者雇用法(Employment of Foreign Manpower Act)違反として29件の罪に問われており、有罪が確定すれば1件につき最高で罰金2万シンガポールドル(約153万円)が科せられる。

Twelve Cupcakesは2013年、外国人労働者に対し低賃金で長時間のサービス残業を強いた疑いが持たれていたが、当時は創業者のダニエル・オング氏が疑惑を否定していた。

 

おすすめ記事

  1. 「セックスライフに不満」DV容疑の39歳女に実刑判決
  2. 「コロナ逆輸入」で外国人嫌悪が広がる
  3. 隣人への復讐?貯水タンクに排便した69歳男を逮捕
  4. FIFAが性差別撲滅の一環として「美女サポーター」取り締まりに動…
  5. 33歳独身の息子のために両親が求愛ソングを作曲
  6. エルパソ銃乱射事件 白人至上主義をテロ集団認定せよとの声
  7. ファッションショーに猫が乱入!?本物のキャットウォークに世界中が…
  8. 腕のない障碍者の女性が両足で防護服を縫製

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。