CRIME

アジア圏で人気のカップケーキ店、外国人労働者を低賃金で搾取か

Source: Twelve Cupcakes

香港や韓国などアジア圏で43店舗を展開している、シンガポールの人気カップケーキショップ『Twelve Cupcakes』が今月、外国人労働者を低賃金で働かせていたとして起訴された。

現地メディア『TODAY』によると、同店で2016年から2019年の間に勤務していた8人の元従業員が訴えを起こしたという。

外国人労働者雇用法(Employment of Foreign Manpower Act)違反として29件の罪に問われており、有罪が確定すれば1件につき最高で罰金2万シンガポールドル(約153万円)が科せられる。

Twelve Cupcakesは2013年、外国人労働者に対し低賃金で長時間のサービス残業を強いた疑いが持たれていたが、当時は創業者のダニエル・オング氏が疑惑を否定していた。

 

おすすめ記事

  1. アイドルに彼氏がいると発覚、怒り狂ったファンが暴走
  2. オートバイ集団がサンタに変身!恵まれない子供達におもちゃを届ける…
  3. ホームレスのためにシャワー室を提供するカップルが話題
  4. コロナ患者対応の23歳看護師が勤務後に死亡
  5. 「救済金は中国人ではなく黒人に」 市議会議員の発言が波紋を呼ぶ
  6. トレーニングを口実に痴漢行為、女性コーチが助け船を出す
  7. リッチな生活をSNSに投稿、詐欺師の逮捕に繋がる
  8. ライブ配信中に白人男性から妨害されたアジア人女性の寛大な対応が話…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。