CRIME

「俺を誰だと思っている」 酔った警察官が店員に銃口を向ける

Source: NYPD/Instagram

アメリカの都市ニューヨークでバーテンダーとして働く女性が今月、理由もなく自分に銃を突き付けた元警察官の男を告訴した。

現地メディア『New York Daily News』によると事件当日の昨年10月、被害を受けたヒョンジュン・キーさんは、クイーンズ地区のカラオケバー『Apple Tree Cafe』での初出勤日だったという。

しかし、客として来ていたヒョン・キムが突然彼女の頭部に銃口を向けながら「一緒に飲もう」と誘い、「俺を誰だと思っている」「拒否したら射殺する」などと脅したのだ。

別のスタッフが警察に通報すると、キムがニューヨーク市警の警察官であったことが発覚。また、同伴の男が巡査部長だと分かり、後日2人は懲戒免職の処分を受けた。一方で、起訴はされていなかった。

その後もキーさんは暫くの間同店で働いていたが、事件のトラウマからPTSD(心的外傷ストレス)を患い退職したという。

そして先月16日、キーさんはキムを告訴。検察は嫌がらせと脅迫の疑いでキムに出廷を命じたと報じられている。

 

おすすめ記事

  1. 駅のホームで押され29歳男性が死亡 少年2人を逮捕
  2. 「インドの女は無礼だ」 TikTokerのヘイトスピーチが波紋を…
  3. ベビーシッターの女性が死亡、子供を救おうと火の中に
  4. 高級ブランドのBVGARIが着物をチマチョゴリと間違える
  5. 上司に絵文字を送信した女性が解雇される
  6. 妖艶なラブドールを妻と呼ぶボディビルダーの男性が話題
  7. 3密を解消? 街中に「米ATM」が登場
  8. 最後のエボラ患者が退院、医療チームがお祝いのダンス

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。