CRIME

恋人と共謀して母親を殺害した23歳女に懲役13年判決

Source: NCPD

アメリカ東部ニューヨーク州で先月24日、母親を殺害した23歳女に懲役13年の実刑判決が下された。

被告人のフランセスカ・キール(Francesca Kiel=トップ画像左)は、同じく実刑判決を受けた恋人のラルフ・ケップラー(Ralph Keppler=トップ画像右)と共謀し犯行に及んでいた。

現地メディアによるとケップラーは2016年12月、同州リンブルック地区のアパートに住むテレサ・キールさんが帰宅するのを待ち伏せし、彼女の頭と顔を執拗に強打した。その後、ケップラーはキールと同棲している家に戻ったという。

重傷を負ったテレサさんは2年間ほど昏睡状態となり、意識が回復しないままに息を引き取った。

元警察官だというケップラーは2018年1月に複数の罪で逮捕・起訴され、裁判所は今年6月に終身刑を言い渡した。

ケップラーの逮捕後、検察官はキールが犯行に加担していたと発覚。GPS(追跡装置)をテレサさんの車に設置し、彼女が家に近づくとキールに通知メールが来るように設定されていたという。

検察官は犯行動機を「ビジネス上の争い」と述べ、無実の女性の人生を奪った卑劣な犯行であるとして2人を強く非難している。

教師だったテレサさんが勤めていたマルバーン・スクール(The Malvern School)は声明文を発表し、テレサさんへ追悼の意を表した。

 

おすすめ記事

  1. 弟の治療費のために長ネギを販売する11歳の男の子が話題に
  2. 外出禁止令のなかジョギングをした女性が国外退去に
  3. 「セクシーな服を着ていた罰」 男女グループの謝罪声明が公開される…
  4. 「白人の命も大切」デモが全米各地で開催、参加者が少なすぎてキャン…
  5. アメリカ人YouTuberが中国で大人気?「親中外国人」として注…
  6. ミネアポリス暴動で破壊された街を立て直す市民達
  7. コロナ禍を軽視するトランプ大統領に看護師が激怒
  8. シンガポールの好立地に家賃4万円の物件が登場、その理由とは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。