ANIMALS

老いた警察犬を世話する「老犬ホーム」がインドに誕生

Source: ITBP

インドとチベット(中国)の国境沿いを警備する『インド・チベット国境警察(ITBP)』が先月、老人ホームならぬ「老犬ホーム」を新設すると発表した。

現地メディア『Tribune India』によると、この施設は北部ハリヤナ州パンチクラ地区にある本部で建設が進められており、8年から10年の任期を務めた元警察犬が入居する予定だという。

 

Source: ITBP

Source: ITBP

ITBPは、老犬ホーム新設の意義をこう述べている。

「我々のK9(警察犬)は近衛兵として活躍を続け、対テロ作戦などではチーム内において高い戦力を示してくれた。彼らの老後を支えることは、我々のが成し遂げねばならない責任だ」

K9は国境付近での警備に加え、救急隊員のサポート業務や犯罪拠点への突入、爆発物・麻薬検知などの重要任務を遂行し、国内の治安維持活動にも貢献している。

 

 

おすすめ記事

  1. 航空学校で中国人留学生が自殺 人種差別が原因か
  2. 国会議員がヒトラーのコスプレをしてモディ首相に抗議!
  3. クリーニング店経営の老夫婦、客の忘れた衣服でオシャレを楽しむ
  4. 酪農家がビーガン事業に方向転換「牛を屠殺場に送ることが嫌になった…
  5. 「この国は人種差別と女嫌いが根付いてる」人気歌手のツイートに批判…
  6. ビニールプールに子供を乗せて車を運転した母親を逮捕
  7. メルケル首相の後継人が「第三の性」を嘲笑し非難を浴びる
  8. 火炎放射器で除雪をする男性の動画に賛否両論の声

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。