ANIMALS

人懐こいペットのカラス、アイリー

Source: Shafiq Kamis/YouTube

シンガポールでレコード会社を経営している男性には、なんとペットのカラスがいるという。

現地メディア『mothership』によると、飼い主のシャフィーク・カミス(Shafiq Kamis)さんは、生後4ヵ月だったカラスの赤ちゃんを友人から譲り受けた。

当初は、このカラスが大きくなったら自然に返す予定であった。しかし何度か外に放してもシャフィークさんの元に戻ってくるため、彼女を”Irie(アイリー)”と名付けて共に暮らすことを決めたのだ。

 

Source: Shafiq Kamis

幼い頃からシャフィークさんの手で育てられたためか、アイリーは非常に人懐こく大人しい性格をしている。

自転車を漕ぐシャフィークさんの肩に乗ったり、小さな孫娘と仲良く遊んだりと、人馴れした可愛らしいアイリーの姿がFacebookYouTubeに多数投稿されているので、是非覗いてみては。

 

Source: Shafiq Kamis

Source: Shafiq Kamis

Source: Shafiq Kamis

野生のカラスを飼うことについて、シャフィークさんは同メディアの取材に自身の考えをこう述べている。

「確かに、カラスは捕食動物であって、時には人間を襲うこともあるから、怖がらることは仕方ないと思う。でも、正しい方法でコミュニケーションを取れば、どんな野生動物であれ絆を深め合うことは出来るよ」

 

おすすめ記事

  1. 女性の笑顔の写真は「淫らで卑猥」?上司の発言に困惑
  2. 全裸で閉店後のIKEAに侵入したYouTuberを逮捕
  3. ディズニー・プリンセス達の”現在”を描い…
  4. キム・カーダシアンが弁護士を目指すと宣言。彼女を突き動かした出来…
  5. 難民の歌姫リタ・オラ、過酷だった子供時代を語る
  6. 42歳男が不倫相手だった妻の姪を銃殺
  7. 公立男子校が生徒のタトゥーを許可、マオリ族文化の尊重を優先
  8. パリス・ヒルトン、自伝映画で酷遇を受けた過去を明かす

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。