ANIMALS

プラスチックごみで遊ぶ野生の子猿達

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

インターン生のグレンドン・キーさんとアモス・チュアさんは、森林地帯が広がるシンガポール中心部トンプソンで、絶滅が危惧されているヤセザル(ラングール)の実態調査を行っていた。

2人は自然公園の横を通るアッパー・トンプソン通り沿いを歩いていた時、楽しそうにじゃれ合うマカクザルの子供数匹に遭遇した。

 

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

すると、プラスチックごみで遊ぶ一匹の子猿を発見。「木の上から飛び移ってきて、捨てられたプラスチックカップで遊び始めたんだ」。

その後は別の子猿も森から現れ、プラスチックの皿を噛むなどして興味津々な様子だったという。

 

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

キーさんは22日、ヤセザルの保護活動について情報提供をしているFacebookグループ『Raffles’ Banded Langurs』に、子猿達の写真をシェアした。

そこで彼は、プラスチックごみが野生の猿に与える影響について、こう述べた。

「独りでプラスチックごみで遊び、他の子猿達とコミュニケーションを取ろうとしなかった。これでは、子供のうちに社交性を育むことが出来なくなってしまう」

プラスチックごみは環境汚染だけではなく、意外なところでも自然界に打撃をもたらしているようだ。

「外出時は、ゴミを入れる袋を持ち歩くようにしてください」と、キーさんは訴えている。

関連記事

  1. トランプ支持者がバイデン陣営を囲い煽り運転、FBIの捜査対象に
  2. 「今日はどの人種になろうかしら」 人気モデルの発言が炎上
  3. ビニールプールに子供を乗せて車を運転した母親を逮捕
  4. 若者の間で20年間続く漢服ブーム
  5. 3密を解消? 街中に「米ATM」が登場
  6. 子供向けドラマにレズのキスシーンで批判続出、制作側が釈明
  7. 【新型コロナ】最前線で働く医療従事者に癒しの差し入れ続々
  8. チョコレート菓子、ダークチョコを「ブサイク」と呼び人種差別的だと…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。