ANIMALS

プラスチックごみで遊ぶ野生の子猿達

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

インターン生のグレンドン・キーさんとアモス・チュアさんは、森林地帯が広がるシンガポール中心部トンプソンで、絶滅が危惧されているヤセザル(ラングール)の実態調査を行っていた。

2人は自然公園の横を通るアッパー・トンプソン通り沿いを歩いていた時、楽しそうにじゃれ合うマカクザルの子供数匹に遭遇した。

 

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

すると、プラスチックごみで遊ぶ一匹の子猿を発見。「木の上から飛び移ってきて、捨てられたプラスチックカップで遊び始めたんだ」。

その後は別の子猿も森から現れ、プラスチックの皿を噛むなどして興味津々な様子だったという。

 

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

Source: Raffles’ Banded Langurs/Facebook

キーさんは22日、ヤセザルの保護活動について情報提供をしているFacebookグループ『Raffles’ Banded Langurs』に、子猿達の写真をシェアした。

そこで彼は、プラスチックごみが野生の猿に与える影響について、こう述べた。

「独りでプラスチックごみで遊び、他の子猿達とコミュニケーションを取ろうとしなかった。これでは、子供のうちに社交性を育むことが出来なくなってしまう」

プラスチックごみは環境汚染だけではなく、意外なところでも自然界に打撃をもたらしているようだ。

「外出時は、ゴミを入れる袋を持ち歩くようにしてください」と、キーさんは訴えている。

 

おすすめ記事

  1. 大物ラッパー歌手50セント、店員に現金315万円のチップを渡す
  2. 9歳男児の臓器移植で7人の命が救われる
  3. アジア人女性を銃殺した犯人は「ついてなかった」? 警察の発言に非…
  4. 「餓死か安楽死」 営業自粛で動物園が悲鳴
  5. コロナ苦で女性が自殺未遂 給付金支給を拒否され
  6. UGG(アグ)ブーツにニーハイが新登場!?そのお値段やいかに
  7. 絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕
  8. ワクチン接種に反発していた男性がコロナに感染し他界

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。