CRIME

上司に叱責された腹いせに爆破予告!?格安航空スタッフを逮捕

(Source: DNA India)

5月2日、インドはデリーにあるインディラ・ガンディー国際空港に、何者かから爆破予告の電話がかかってきた。

脅迫電話は空港内にある格安航空会社IndiGo(インディゴ)のオフィスに向けられたもので、「ムンバイ行きの飛行機」に爆破装置を仕掛けたとの内容だった。

空港は直ぐさまムンバイ行きの便全てに確認を取り、入念に調査を行うよう指示するも、後に爆破予告がイタズラだったと発覚した。

警察は着信履歴を辿り、電話番号の所有者を調査。

すると、なんと犯人はインディゴ航空のCAだったことが判明した。

 

 

動機は「叱責されたことへの仕返し」?

特定された人物は、Kartik Madhav Bhad(カールティク・マダフ・バッド)。

彼は大学で航空学を学び、2013年に大学を卒業。その後、IndiGoのカスタマーサービススタッフとして採用された。

なぜ若き新入社員が、会社に脅迫の電話をかけたのか?その動機は驚くべきものだった。

「怒られて腹が立ったから、仕返しをしてやろうと思った。」

犯人は、警察の尋問に対してこう答えたという。

調査を進めると、彼の仕事ぶりが会社の求める基準に達しておらず、それを見かねた上司が彼を叱責したという。

叱られたから「仕返し」をするというのは、社会人として失格である。

大学を卒業した20代前半の若者ならば、失敗や恥をバネにして上へのし上がっていってほしいものだ。

 

 

おすすめ記事

  1. ライブ配信中に白人男性から妨害されたアジア人女性の寛大な対応が話…
  2. 清楚系女優ナタリー・ポートマンがビキニ姿のジェシカ・シンプソンに…
  3. 機内でマスク着用に応じない女性2人に乗客が激怒
  4. 野良猫が弁護士会の職員として採用される?その理由とは
  5. アラブ語の楽曲『Hadal Ahbek』が世界中で大ヒットを記録…
  6. ハムスターを優先席に座らせた女性に高齢男性が激怒
  7. 世界中の限定フラペチーノを徹底調査!
  8. マクロン大統領が10代の時に書いたという官能小説が話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。