CRIME

黒人差別撤廃運動のデモ隊に車が突進、24歳女性が死亡

Source: 1776ers United/Facebook

アメリカ北西部ワシントン州で4日、黒人差別撤廃運動のデモ隊に車両が突っ込み、20代と30代の白人女性2人が死傷した。

複数の米メディアによると、同州の都市シアトルの高速道路上で実施されていた『BLack Femme March takes I-5』のデモ隊に午前1時30分頃、反対車線から乗用車が猛スピードで侵入し、逃げ惑う人々を次々と撥ねた。

(※閲覧注意)

獣医として働いていた24歳のサマー・テイラーさんは病院に搬送されて治療を受けていたが、後に死亡が確認された。また、オレゴン州出身で32歳のデイズ・ラブさんも重傷を負い、危篤状態にあると報じられている。

ワシントン警察によると、逮捕された27歳の黒人男性ダウィート・ケリート容疑者からは飲酒や薬物使用は確認されなかったという。

当初、ケリート容疑者は危険運転の罪で起訴されていたが、テイラーさんの死亡により過失運転致死罪に変更される可能性が高い。現在、被告人の犯行動機は分かっていない。

 

おすすめ記事

  1. 世界中の限定フラペチーノを徹底調査!
  2. 79歳おばあちゃん、破壊された自宅のピアノで「蛍の光」を演奏
  3. ビーガン殺害ジョークの流出で料理雑誌ライターが辞任
  4. コロナ患者対応の23歳看護師が勤務後に死亡
  5. 外出禁止令を悪用、猛禽類を狙う違法狩猟が多発
  6. 白人男性が尺八の演奏を披露するも、「日本文化の盗用」と批判が続出…
  7. イタリアの元国会議員と女優が「吊り目ポーズ」 アジア人差別で批判…
  8. 人気DJがホイットニー・ヒューストンの幻の楽曲をEDM風にリメイ…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。