ANIMALS

世界最大の美しい珊瑚礁を泳ぐ大量のウミガメが話題に

Source: Great Barrier Reef Foundation/Instagram

オーストラリア北東部にある巨大珊瑚礁『グレートバリアリーフ』で撮影された大量のアオウミガメの姿が今、世界中で注目を集めている。

絶滅が危惧されているアオウミガメを研究する調査団『クイーンズランド州環境科学局(以下、DES)』がドローンを用いて捉えたこの映像には、最大の営巣地であるレイン島周辺を6万4000匹ものアオウミガメが泳ぐ様子が映し出されていた。

 

View this post on Instagram

A post shared by Great Barrier Reef Foundation (@greatbarrierreeffoundation)

 

一方で、こうした営巣地での大規模なアオウミガメの集団が確認されているにも関わらず、熱波や水没など様々な障害により個体数の増加が伸び悩んでいると、DESのアンドリュー・ドゥンスタン博士は米メディア『CNN』の取材に応えている。

そこでDESは昨年12月、保護したアオウミガメ数匹の甲羅に印を付け、生息数を監視する調査を開始。しかし、調査対象のアオウミガメが営巣地に戻ってきた時、船上から数の確認をしたところ不一致が生じた。そのため、より正確な数字を得るためにドローンでの撮影を試みたという。

その時に撮影された映像(上)が公開されると国内外で高い注目を集め、その神秘的な美しさに多くの人々を魅了させている。

 

 

おすすめ記事

  1. アジア系の家族を侮辱し炎上したIT企業CEOが辞職
  2. 白人警官の射殺シーンを再現? 吹奏楽部の演劇が物議を醸す
  3. 「刑務所にぶち込むぞ」 アジア系議員への脅迫が相次ぐ
  4. コロナ感染対策で「おひとり様レストラン」がオープン
  5. ゲイの結婚式と勘違い?男性10人が拘束される
  6. 女性ラッパー達が大喧嘩?カーディ・Bが女王ニッキー・ミナージュに…
  7. 「細すぎる」と批判されたジジ・ハディッドが反論ツイートを投稿
  8. 孤児だった女性が児童6人の里親になる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。