ANIMALS

外出禁止令を悪用、猛禽類を狙う違法狩猟が多発

Source: christels/Pixabay

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う厳格な外出禁止令が出されているイギリスで今、野生動物の違法な狩猟活動が多発しているという。

英メディア『BBC』によると、議会法で保護対象とされているオオタカやメンフクロウなどの猛禽類が毒殺や罠猟にかかる被害が相次いでいる。

被害報告は3月中旬にロックダウン(都市封鎖)が開始されたタイミングで急増し、スポーツ・ハンティングで獲物の対象となる雷鳥の個体数を増やす目的であるとの見方が強い。

王立鳥類保護協会(RSPB)は同メディアの取材に応え、外出禁止令の最中で人目につかない状況を悪用していると犯人らを強く非難している。

国内の狩猟協会は警察からの協力を得て、違法行為の取り締まりを強化させると発表した。

 

おすすめ記事

  1. 犬肉・猫肉が違法に?新型コロナウイルス拡大を受け
  2. 29歳モデル、ヴィクトリアズ・シークレットの「不健全な価値観」に…
  3. 50代男性に1.4億円で処女を売った19歳の美女
  4. 「トランプに騙された」 Qアノン信奉者バッファローマンが愚痴をこ…
  5. 頭に教科書を乗せて勉強?小学校教師の思惑とは
  6. 「黒人は落ち着きなさいよ」 元ミスコン勝者の発言が物議を醸す
  7. 動物実験の反対署名が8万件集まるも叶わず ラブラドール6匹を殺処…
  8. 香港の学校で虐め被害が10年連続で増加

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。