ANIMALS

飼い主に2度捨てられた猫、トビー

出典:WRAL.com

「他の飼い猫と仲良くしてくれないから、もういらない」

ある家庭の元に迎え入れられた野良猫のToby(トビー)は、先住猫とうまく行かずに保健所に引き取られた。

飼い主はそこで、トビーの安楽死を望んだという。

しかしその後、トビーは保健所を抜け出して飼い主の元に戻ってきたのだ。

 

20キロもの長距離を歩くも・・・

出典:Animal Channel

その距離は、なんと20キロ。

その愛に飼い主は心打たれた・・・と思うのは大間違い。なんと彼らは、自分に会うために20キロもの距離を歩いてきたトビーを再度保健所に連れて行ったのだ。

トビーを預かった保健所は、動物愛護団体『SPCA of Wake Country』に事情を説明し、同団体はトビーを譲り受けることを決意。始めは他の猫と馴染めずにいたが、すぐに慣れてくれたという。

それから数週間経った後、トビーは新たな里親に迎え入れられた。

 

SNSが里親決定の懸け橋に

出典:SPCA of Wake Country

トビーの里親となったのが、ミシェルさん(画像上)だ。

インスタグラムの投稿でトビーについて知ったミシェルさんの妹が、彼女に「里親になるべきよ」と連絡をしたことが切っ掛けだという。

トビーは今、ミシェルさんの家族と先住猫と一緒に幸せに暮らしているのだそう。

 

出典:Toby’s story (the cat who walked 12 miles) goes viral

 

おすすめ記事

  1. 祖父からの性暴力に耐えていた少女、性教育を受けるまで犯罪であると…
  2. シマウマかと思ったら、ロバにペンキを塗っていた!?カイロの動物園…
  3. 黒人差別?ブロガーの女性が「露出狂」と誤認され逮捕される
  4. プロポーズを断られた腹いせ? 女性をテロリストに仕立て上げる
  5. シリア難民と偽ったヨルダン人が元ルームメイトを刀で殺害
  6. 「テンションの低い返信」はNG?ネット上で大論争
  7. 「ブス」や「デブ」と言うと犯罪者に?国内の新法に称賛の声
  8. ノーブラで出勤したら解雇? 20代女性が人権侵害を申し立てる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。