ANIMALS

都市封鎖でペンギンが自由気ままに道端をお散歩

Source: Facebook

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、南アフリカでは先月から厳格な外出禁止令が実施されている。

医療従事者や記者などを除き、通勤には政府の許可が必要という状況のなか、普段は多くの人々で賑わう南アフリカの観光都市ケープタウンは閑散としている。

一方、街から人気がなくなったことで珍しい光景が見られた。絶滅が危惧されているケープペンギンが、道端を自由に散策していたのだ。

 

 

環境汚染や繁殖地の破壊により個体数が激減しているケープペンギン。通常はケープタウン東部にあるボルダーズ海岸でしか見ることが出来ないが、大規模な都市封鎖で危険性が減ったことで住宅地に現れたと見られる。

とても仲が良さそうにを散歩する3匹のケープペンギンを撮影したのは、南アフリカの鳥類保護団体『SANCCOB』。彼らの愛らしい姿に2万件近くのいいね!が付き、多くの人々の心を射止めた。

 

ビーチで撮影されたケープペンギン(上) Source: Michael Bußmann/Pixabay

コメント欄では「都市封鎖は動物達にとっては最高ね」「自由奔放に過ごせる今を思う存分楽しんでいるな」など、野生動物にとって安全な環境を作り出した現在の状況を肯定する意見が多数出ている。

また、なかには「ちゃんと歩道を歩いているペンギンの方が人より礼儀正しいね」という、なんとも痛烈なコメントもあった。

 

おすすめ記事

  1. 隣人への復讐?貯水タンクに排便した69歳男を逮捕
  2. 防水スニーカーブランドが医療施設に靴とマスクを寄贈
  3. 24歳女性が恋人にプロポーズ、BMWと家もプレゼント
  4. 黒人生徒に「アフリカ人の様に謝罪しろ」と要求、小学校校長が辞職
  5. 9歳男児が先生に15ドルをプレゼント?教員の低賃金問題が浮き彫り…
  6. 世界中で大流行中!ゴミ拾い促進運動「#TrashTag チャレン…
  7. 野生動物の「殺生コンテスト」が禁止に 生態系破壊に懸念
  8. ディエゴ・マラドーナがパレスチナ自治区への支持を表明

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。