CULTURE

ラテアート世界大会チャンピオンの見事な作品に注目

Source: @irvine_nj/Instagram

韓国の首都ソウルで開催されたラテアート大会『World Latte Art Battle 2019』で、21歳のマレーシア人男性がチャンピオンを勝ち取った。

韓国出身のバリスタと10ポイント差を付けて1位の座に就いたラテアート(画像下)は、3か月かけて基礎を作り、躍動感を出すために細かい箇所まで完璧に拘ったと、バリスタのアーバイン・クエク・シウ・レーさんは話す。

View this post on Instagram

A post shared by IRVINE QUEK (@irvine_nast)

 

中国のコーヒー専門誌『coffee tea & i』によるとレーさんは6年前、「新しい携帯電話を買うために」との理由からバリスタのアルバイトを始め、そこでラテアートの世界に引き込まれていったという。

その1年後、彼はラテアートの道を極めるために高校を中退し、バリスタやラテアート教室の講師として働き続けている。

レーさんは「自分の能力を試すために大会に出場したい」という夢を胸に抱き、「ラテアートの表現は相互作用がなければいけない。僕のラテアートはお客さんに自分のメッセージを明確に伝えられているのか、彼らを楽しませることが出来ているのかを知りたいんだ」と強い信念を語った。

 

おすすめ記事

  1. LAに移住したヘンリー王子とメーガン妃がパパラッチを提訴
  2. 迫害に怯えるアジア系住民へ、タクシー代を負担する試みがスタート
  3. ディズニー・プリンセス達の”現在”を描い…
  4. 80代の高齢カップル、40年以上の時を経て結婚を決意
  5. セリーナ・ウィリアムズが審判の判断を「性差別だ」と批判
  6. エマ・ワトソンが国内初のセクハラ相談窓口に寄付金を支出
  7. 野良猫の世話をするアルバイトに応募が殺到!
  8. ボディビルダーの母親が受ける幾多もの批判

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。