CULTURE

オーストラリア人シェフが「火鍋バーガー」を考案

Source: Taobao/YouTube

中国南西部・重慶市で今月、国民食である火鍋風味のハンバーガーが発売され話題を呼んでいる。アメリカのオンラインメディア『NextShark』などが報じた。

辛味の強い鍋料理である火鍋は、重慶市などの南西部ではソウルフードとして親しまれている。

そこに目を付けたオーストラリア人シェフのポール・テイト氏(トップ画像)が、同市のショッピングモールに出店している自身のハンバーガーショップ『Light’s Burger(ライツ・バーガー)』で「火鍋バーガー」を新発売したのだ。

Source: Taobao/YouTube

同市に来て4年経つというテイト氏は、国内最大規模を誇るECサイト『淘宝(タオバオ)』のインタビューにて「何か他にはないハンバーガーを作ってみたかった」と話している。

外国人シェフによって考案された火鍋バーガーは、カリカリに揚げたレンコンのスライスと火鍋風味のソースを浸したパテが特徴的だ。

中国情報サイト『shanghaiist』によると、新商品を購入した女性客は「最初は変わった味と感じたけど、食べていくうちに美味しく思えてきたわ。ユニークで面白いハンバーガーね」と感想を述べている。

 

おすすめ記事

  1. 「コロナ逆輸入」で外国人嫌悪が広がる
  2. 会社ロゴのタトゥーを彫ったら、ハンバーガー1年分を無料提供!?
  3. 香港の学校で虐め被害が10年連続で増加
  4. 孤児だった女性が児童6人の里親になる
  5. 「イヴァンカは用無し」のポスターがニューヨーク市内に出現?
  6. 「テンションの低い返信」はNG?ネット上で大論争
  7. レスリング審判が試合直前に黒人選手に髪を切るよう指示
  8. トランプ前大統領「SNSを辞めて幸福感が増した」と明かす?

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。