CULTURE

オーストラリア人シェフが「火鍋バーガー」を考案

Source: Taobao/YouTube

中国南西部・重慶市で今月、国民食である火鍋風味のハンバーガーが発売され話題を呼んでいる。アメリカのオンラインメディア『NextShark』などが報じた。

辛味の強い鍋料理である火鍋は、重慶市などの南西部ではソウルフードとして親しまれている。

そこに目を付けたオーストラリア人シェフのポール・テイト氏(トップ画像)が、同市のショッピングモールに出店している自身のハンバーガーショップ『Light’s Burger(ライツ・バーガー)』で「火鍋バーガー」を新発売したのだ。

Source: Taobao/YouTube

同市に来て4年経つというテイト氏は、国内最大規模を誇るECサイト『淘宝(タオバオ)』のインタビューにて「何か他にはないハンバーガーを作ってみたかった」と話している。

外国人シェフによって考案された火鍋バーガーは、カリカリに揚げたレンコンのスライスと火鍋風味のソースを浸したパテが特徴的だ。

中国情報サイト『shanghaiist』によると、新商品を購入した女性客は「最初は変わった味と感じたけど、食べていくうちに美味しく思えてきたわ。ユニークで面白いハンバーガーね」と感想を述べている。

 

おすすめ記事

  1. 医療従事者を侮辱 YouTuberに有罪判決
  2. 「使用済み枕」を高額で販売したモデル達に批判殺到、本人らは反発
  3. 新しい経済大臣 は「英語スキルがお粗末すぎる」と非難が集中
  4. ケンタッキー店内でプロポーズしたカップルに大企業からラブコール
  5. レスリング審判が試合直前に黒人選手に髪を切るよう指示
  6. アメリカで民族学が高校の必修科目に、人種差別抗議デモが後押し
  7. 政府が家畜の収容スペース拡充を要求、養豚業者が懸念を示す
  8. ドバイが10億円をかけてラクダ専門病院を設立

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。