CULTURE

KFCでビーガン向けチキンバーガーが新発売

Source: KFC, Kirat Raj Singh/Twitter

世界136カ国で2万店以上を展開している大人気ファストフード・チェーン店『KFC(ケンタッキー・フライドチキン)』が、今月17日から715日までの約1ヶ月間の期間限定で、代替肉を使用したビーガン・チキンバーガーを販売することを発表した。同商品は、ロンドンを含むイギリスの一部店舗で試験的に提供される。

The Imposter(替え玉)」と命名されたこのチキンバーガーの食材は、植物性代替肉とレタス、植物性マヨネーズにバンズという、代替肉を除けば至ってシンプルなものとなっている。

ビーガンニュース専門サイト『Plant Based News』によると、鶏肉の代わりとして使用されている代替肉は『Quorn(クォーン、又はコーン)』と呼ばれる、イギリスに拠点を置く代替肉製造会社の商品を採用しているという。

Source: Quorn UK/Instagram

動物性たんぱく質を一切摂取しないビーガン(完全菜食主義)をはじめ、近年では倫理や環境保全を理由にベジタリアン・ダイエット(植物中心の食習慣)を取り入れる人口が増加傾向にある。

今年5月には、代替肉製造会社の『ビヨンド・ミート』がアメリカ株式市場ナスダックに新規上場したニュースが世間を騒がせた。

 

おすすめ記事

  1. 警察官が万引き犯にクリスマスプレゼントを購入? その理由とは
  2. 発酵した洋梨を食べて酔っ払ったリスの動画が話題に
  3. パレスチナ系の下院議員タリーブ氏が宣誓式に伝統衣装で登場
  4. コロナ感染対策で「おひとり様レストラン」がオープン
  5. 「女性を見下している」 香港の料理番組に批判が続出
  6. ドーナツ店がベーコンのスライスのみを新発売!?
  7. 妖艶なアジア人美女モデル達の姿
  8. 赤ん坊の泣き声対策に、母親がフライト乗客へ”プレゼント”を配布

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。