FOOD

誕生日ケーキの”男女別”デザインが性差別的であると指摘される

Source: waitrose.com

イギリスの高所得層向けスーパー『Waitrose (ウェイトローズ)』で16日、公式サイトに掲載していた子供向け誕生日ケーキのデザインを男女別に分けていることが「性差別ではないのか」と消費者からのクレームを受け、スーパーの運営会社は問題となったページを削除した。

インターネット・マーケティング戦略支援の会社を営むルイス・ディロンさんが、自身のツイッターで強く非難をしたことから多くの人の目に留まった。女の子用のデザインがピンク色のお城やバッグであるのに対し、男の子用はスポーツ用のボールや消防車など多種多様なデザインがあることに不満が続出したのだ。

 

 

 

 

 

 

イギリスメディア『Daily Mail(デイリー・メール)』によると、息子のいる2児の母というディロンさんは、こうしたデザインを性別で分けることは子供達を本当に興味のあることから遠ざけてしまうと訴えており、「好きだと思うものは『彼らのために作られたものではない』という固定概念を子供達に植え付けてしまう」と警鐘を鳴らしている。

その他にも、カテゴリーを性別ではなく単純に「子供用ケーキ」として表示させるべきだという声や、女児でスポーツが好きな子もいる等、ディロンさんに賛同する人々がツイッターのリプライ欄へ殺到した。

一方、カテゴリーを男女別で分けることで「欲しいデザインが探しやすくなる」などの理由から、店側の表記を擁護する者も少なくない。

炎上を受けたウェイトローズ社は、性差別的であるとされた誕生日ケーキのページを削除した。しかし、デイリー・メールによれば同社からの謝罪声明やコメントは現在のところ出ていないという。

同社は以前も差別的と捉えられる商品の販売を巡り消費者からのクレームを受けており、先月はアヒル型のダークチョコレートを「ブサイク」と名付けたことが人種差別的であると非難が集中し公式に謝罪している。

 

おすすめ記事

  1. 【スウェーデン】ストックホルムで全自動の無人バスが始動
  2. 9歳男児が先生に15ドルをプレゼント?教員の低賃金問題が浮き彫り…
  3. 【クリスマス】今年も聞きたい、クリスマス気分に浸れる曲はこれだ!…
  4. ユダヤ教徒をヘイトスピーチから救ったイスラム教徒の女性に称賛の声…
  5. 患者にニカブを取るよう言及した医師が解雇の危機に
  6. 意外と知られていないセレブ達の兄弟/姉妹
  7. 「神は存在する」離陸後に乗客が暴走 機内はパニックに
  8. チャンギ国際空港の近隣に野良猫専用の小屋が設置される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。