CULTURE

北海に沈む美しい海中レストランがオープン!

Source: Facebook

北欧の国ノルウェーで今月21日、建物の半分が荒波の押し寄せる北海に沈む海中レストラン『Under(アンダー)』がオープンし、世界中で注目を集めている。

View this post on Instagram

Underさん(@underlindesnes)がシェアした投稿

季節のシーフード料理とペアリング(ワインかノンアルコール)の3種類から選べるメニューは、日本円にして約1万円~3万円ほどの価格設定となっており、少々お高い印象だ。

しかし、近海で採れた新鮮な海の幸を水深5.5mにある美しい大自然を眺めながら楽しめるとなると、値段も気にならなくなる程の体験に大満足できるはずだ。

View this post on Instagram

Underさん(@underlindesnes)がシェアした投稿

ノルウェー語で「不可思議」を意味するアンダーは、首都オスロに拠点を置く大手設計事務所『スノヘッタ(Snøhetta )』によって、本土最南端にあるヴェスト・アグデル県リンデネスに建設された。

同社が手掛けた建築物は『オスロ・オペラハウス』やエジプトにある『新アレクサンドリア図書館』など、ランドスケープと建築の設計過程を1つに収めるというアイデアを軸に、ユニークで遊び心溢れるデザインが主流だ。

View this post on Instagram

Underさん(@underlindesnes)がシェアした投稿

ヨーロッパのニュースを扱うオンラインメディア『euro news』によれば、スノヘッタの創設者であり建築家のシェティル・トールセン(Kjetil Thorsen)氏は、荒波の打ち寄せる北海の悪天時にも耐えることの出来る分厚いアクリル板の窓を使用していると述べており、構造の安全性も強調した。

また、屋内は窓の反射を最小限に抑えるための工夫も施されているらしく、どこの席についても海中の景色を楽しめるようだ。

現在、レストランの予約人数は分かっているだけで7000組を超えているという。

 

おすすめ記事

  1. シャネルがリアルファーや本革製品の製造を廃止
  2. コロナ不況で解雇のパイロット、やむなく食品宅配業者に転身
  3. ネオナチ系自警団が”難民対策”として街中…
  4. 美容師の斬新な新型コロナ対策が話題に
  5. テイラー・スウィフトのセレブ友達が大晦日パーティで「憧れのヒーロ…
  6. 母親との約束を果たすため、幼い息子達が標高3952mを登頂
  7. アジア系の写真家がコロナショックをアートで表現
  8. 「棺の中で30時間過ごせたら賞金プレゼント」遊園地が驚きの企画を…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。