FOOD

大手ハンバーガー店がベジタリアン用メニューを新発売!

Source: Instagram

日本でも展開しているアメリカ発の大手ファストフードチェーン店『カールスジュニア(Carl’s Jr.)』が今年初め、植物由来のパティ(円状の挽肉)を使用した新商品を発表して注目を集めた。

パティには、動物性原料を一切使わない”ヴィーガン肉”を製造・販売している『ビヨンド・ミート社(Beyond Meat)』の製品が採用されている。

View this post on Instagram

BLANKET POLICY: We will not tattle on any meat lovers that defect to our Beyond Famous Star® with cheese. #plantbasedpatty

Carl’s Jr.さん(@carlsjr)がシェアした投稿 –

ビヨンド・ミート社のパティは、主原料としてエンドウ豆・ムング豆・玄米プロテインが含まれており、挽肉の持つ赤色を再現するためにビーツが使われている。また、添加物も人体に無害とされているものだけを使用しており、もちろん遺伝子組み換え原料は一切入っていない。

高品質のヴィーガン肉を導入した新商品『Beyond Famous Star(ビヨンド・フェイマス・スター)』は、バンズの原料も100%植物性由来だ。チーズやマヨネーズを省いてカスタムすれば、正真正銘のヴィーガン・バーガーとして購買することができる。

昨今の若者を中心としたヴィーガン料理の人気上昇に応える形で新発売されたビヨンド・フェイマス・スター。しかしデビュー早々、同社の新商品に対する批判の声が多数寄せられている。というのも、ヴィーガン肉は「偽物の肉」だとして不安を隠せない消費者の一部が「#SayNoToFakeMeat(偽物肉反対)」というハッシュタグと共に、ヴィーガン肉に対する抗議の姿勢を示しているのだ。

ビヨンド・フェイマス・スターはアメリカにある1000店舗で販売が開始された。日本での販売は未定となっている。

ビヨンド・ミート社の植物性ヴィーガン肉を使用している大手ハンバーガー・チェーンは他に、『A&Wレストラン(A&W Restaurants)』のカナダ店舗で提供されている『Beyond Meat Burger(ビヨンド・ミート・バーガー)』がある。

関連記事

  1. コロナ救済金を出し惜しみ、戦車は大量購入? 政府に批判殺到
  2. 道端で排便する子供を注意した清掃員が暴行を受ける
  3. コロナ患者対応の23歳看護師が勤務後に死亡
  4. 家畜の死骸に五芒星のサイン カルト集団による犯行か
  5. 性別転換アプリ『FaceApp』をセレブで試してみると・・・?
  6. 新作カクテルの名前は「女を殺す」!?シドニーのバーに批判殺到
  7. LGBT+を支持した高校に対する誹謗中傷が続出
  8. ドリアンが幼児の頭部に激突 母親も大けが

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。