FOOD

ビール醸造技術を用いて困窮者に炊き出し所を提供

Source: Instagram

新型コロナウイルス感染症に伴う厳格な外出制限が続く南アフリカでは、3月中旬から酒やタバコなど嗜好品の販売禁止措置が取られている。

商品の製造が出来なくなり経済的大打撃に直面した醸造所だが、現在はコロナ禍で生活困窮者の急増した地域に向けた無料食堂としてフル稼働しているのだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by Woodstock Brewery (@woodstockbrewery)

 

南アフリカ最大の都市ケープタウン市長からの要請を受けたビール醸造所『Woodstock Brewery』が、酒造タンクを利用した野菜スープの製造に着手した。

2000リットルの巨大タンクを使い、1日で数千個ものスープを提供しているという。

現場には従業員の姿も戻り、NGO団体などの協力を得ながら毎日大量に届く野菜をスープに加工している。

困窮者への炊き出し所として、稼働が再開されたビール醸造所。米メディア『Barron’s』によると、国内にある他の醸造所もWoodstock Breweryの後に続き、無料食堂として活躍しているようだ。

関連記事

  1. 街の債務者を特定? 裁判所の開発した新アプリとは
  2. カーダシアン・ジェンナー姉妹がヴィクシー・モデルに変身!?
  3. 「テロリストだ」 シク教徒の少女が虐めに対するメッセージを発信
  4. ディズニー映画”モアナ”の半神マウイに激…
  5. 日々のストレスを発散!「公用サンドバッグ」がニューヨーク市に登場…
  6. 「ありのままの身体を愛して」 オリンピック金メダリストの訴え
  7. 「世界を平和に」中華街でアジア人射殺予告
  8. 最新iOS、「アジア人」が成人向けコンテンツの規制用語として追加…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。