FOOD

ビール醸造技術を用いて困窮者に炊き出し所を提供

Source: Instagram

新型コロナウイルス感染症に伴う厳格な外出制限が続く南アフリカでは、3月中旬から酒やタバコなど嗜好品の販売禁止措置が取られている。

商品の製造が出来なくなり経済的大打撃に直面した醸造所だが、現在はコロナ禍で生活困窮者の急増した地域に向けた無料食堂としてフル稼働しているのだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by Woodstock Brewery (@woodstockbrewery)

 

南アフリカ最大の都市ケープタウン市長からの要請を受けたビール醸造所『Woodstock Brewery』が、酒造タンクを利用した野菜スープの製造に着手した。

2000リットルの巨大タンクを使い、1日で数千個ものスープを提供しているという。

現場には従業員の姿も戻り、NGO団体などの協力を得ながら毎日大量に届く野菜をスープに加工している。

困窮者への炊き出し所として、稼働が再開されたビール醸造所。米メディア『Barron’s』によると、国内にある他の醸造所もWoodstock Breweryの後に続き、無料食堂として活躍しているようだ。

 

おすすめ記事

  1. コロナ疲れを吹き飛ばす!消防士が子供達と水鉄砲遊び
  2. 12歳娘を350円で男に強姦させた父親を逮捕
  3. 防弾少年団、「過激なファンが怖い」と告白
  4. 水泳の授業で6才男児が溺死、周囲は誰も気付かず
  5. 女優が露骨な人種差別ツイートを投稿し大人気ドラマが打ち切られる
  6. 「俺を誰だと思っている」 酔った警察官が店員に銃口を向ける
  7. 厚生副大臣に有罪判決 イスラム教徒の集会に出席
  8. ミランダ・カーが第2子を妊娠

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。