FOOD

SNSで地元の飲食店を支援 コロナ不況のなか

Source: GeorgiaJames/Instagram

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害拡大に伴う外出制限措置を受け、アメリカ各地の飲食業が悲鳴を上げている。

収入の激減で従業員の解雇や家賃滞納に悩まされているのは、大手も個人店も同じだ。

こうした緊急事態のなか、SNSで地元のレストランを支援するための試みが開始された。

 

 

ツイッターアカウント『#thegreatamericantakeout(グレート・アメリカン・テイクアウト)』はハッシュタグ機能を利用して、ユーザーらに地元にある飲食店で持ち帰りメニューの注文を激励している。

その料理の写真をハッシュタグと共にSNSにシェアし、コロナ不況で廃業の危機にある飲食店を協力して支援しようという呼び掛けだ。

ツイッターやインスタグラムで「#GreatAmericanTakeout」と検索すると、レストランなどで購入したテイクアウトフードを多数閲覧することができる。また来店客のみならず、店側も客の呼び込みに同ハッシュタグを利用しており、各店が自慢の料理をアピールしているのだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by Slim's Chicago (@slimschicago)

 

View this post on Instagram

A post shared by Dave’s Wingz N’ Thingz (@daveswingznthingz)

 

View this post on Instagram

A post shared by Shannon Lowry (@shenanigansdownsouth)

 

View this post on Instagram

A post shared by Legends Pizza Co (@legends_pizzaco)

 

おすすめ記事

  1. ニカブを着た乗客にバス運転手が「顔を見せろ」と罵倒
  2. ホームレスの男性が保護施設の火災から犬猫を救出
  3. クリス・ブラウンが強姦罪で告訴される? 本人は強く否定
  4. 21歳男が新年会で泥酔し4歳男児を射殺
  5. 「偏見をなくしたい」 ゲイ夫夫がSNSで家族生活を発信
  6. アジア人女性を卑下した動画に批判殺到
  7. トイレを詰まらせ激高、35歳男が親戚の女の子を銃殺
  8. 親を亡くし1人で自活する10歳の男の子

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。