CULTURE

若者の間で20年間続く漢服ブーム

Source: grace_z_z/Instagram

中国では高度経済成長期の2000年代から、若者の間で漢服が大ブームを巻き起こしている。そして、そのブームは20年が経った今でも健在のようだ。

漢服は国内で大多数を占める漢民族の伝統衣装で、現代では主に唐代や宋代などのデザインに人気が集中している。

中国メディア『CCTV』が昨年行った調査報告によると、漢服が好きと答えた国民は356万人で、対前年74.4%増という急激な変化が見られているのだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by Hanfu (@hanfu_culture)

View this post on Instagram

A post shared by Hanfu·漢服·汉服 (@grace_z_z)

View this post on Instagram

A post shared by 漢服 • 汉服 • 𝐇𝐚𝐧𝐟𝐮 𝐆𝐚𝐥𝐥𝐞𝐫𝐲 (@hanfu_gallery_starling)

View this post on Instagram

A post shared by 漢服 • 汉服 • Hanfu (@landwithoutsorrow)

 

言うまでもなく、漢服の売り上げも絶好調だ。国内の巨大EC市場である『天猫(Tmall)』における漢服の昨年売上高は20億元(約316億円)以上と、毎年150%増に迫る勢いを見せている。

Tmallで漢服店を経営しているヤン・シルイさんは、中国の英字メディア『China Daily』の取材に対し、漢服の購買層について以下のように述べた。

「漢服の購入者は若者が多いです。1995年以降に生まれた人達は、90年代生まれに比べて5倍も漢服に好意的な見方を示しています。また、購入者の90%以上は女性です」

漢服ブームの背景には、海外留学など外国文化に触れる機会が増えたことで、自分達の文化を誇るようになったことが理由の1つとして挙げられる。

その一方で、年配者からは「容姿ばかりに気を取られている」など懐疑的な意見もあるようだ。

 

おすすめ記事

  1. コロナ感染を気にせずハグが出来る「抱擁カーテン」が話題に
  2. ジョンソン首相の父親が「国民は教養がない」と侮辱発言
  3. 【映画】「ティファニーで朝食を」の秘密5選
  4. 富豪カイリー・ジェンナー、2歳の娘に2000万円の白馬をプレゼン…
  5. コロナ差別でアジア人留学生が現地学生と大喧嘩に
  6. 「中国が我が国を汚染させた」 選挙広告が波紋を呼ぶ
  7. 仮釈放中に11人を監禁・強姦した34歳男を再逮捕
  8. 農家の70代男性、家畜の豚に全身を食べられる?

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。