FASHION

高級ブランドのBVGARIが着物をチマチョゴリと間違える

Source: Pixabay/flickr

626日からイタリア・ローマで開催されている高級宝飾品ブランド『BVGARI(ブルガリ)』の展示会『ブルガリの物語と夢』にて、韓国の伝統衣装チマチョゴリ(韓服=トップ画像)が日本の伝統衣装である「Kimono」として紹介されていたことが波紋を呼んだ。

同展示会に妻と訪れていたという韓国人記者のユング・ウヨンさんが間違いを発見し、自身のインスタグラムに写真を投稿したことから事態が発覚した。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

정우영さん(@woo0c)がシェアした投稿

 

「綺麗な韓服があると思って見てみたら、説明文に『Kimono』と表記されてあったんだ。韓服と着物は全くの別物だ。韓国人と日本人の大部分はすぐに見分けがつく」

この黒生地に赤い花模様の韓服は、20世紀最高のソプラノ歌手と呼ばれているマリア・カラスが所有していたものと紹介されていたという。

ウヨンさんは、「韓服がマリア・カラスのような伝説的人物に着用されていたことは、とてもうれしく思う」と話すも、「ブルガリのようなハイエンドな国際的ブランドが、こんな間違いを犯すなんて。深く失望してしまった」と非難した。

彼は同ブランドに対して是正を促し、「ブルガリは、自身のブランドが持つ巨大な影響力を自覚してほしい」と訴えた。

すると、ブルガリはウヨンさんからの指摘を真摯に受け止め、同投稿のコメント欄内で公式に謝罪したのだ。

そこでブルガリは、「(「Kimono」表記は)2007年に開催されたオークションでの情報に基づいています」と弁明するも、「すぐに展示会の管理者に連絡し、表記を変更するよう要請しました。ご指摘いただきまして、感謝申し上げます」と陳謝した。

ウヨンさんはブルガリからの謝罪声明に敬意を表し、「あなたの誠意は、韓国の人々とブルガリのファンにとって、とても大切な意味を持ちます。迅速な対応に感謝します」と返信している。

 

おすすめ記事

  1. ローガン・ポールの父親が逆切れ?四面楚歌の息子に母親も釈明
  2. 「ファーストクラス風」の撮影スタジオ、インフルエンサー達に人気
  3. 同い年なのに超対照的なキッズセレブの間に確執発生か?
  4. 卵25万個を廃棄、コロナ禍が収束し供給過剰に
  5. ホームレスを追い出そうとしたスタバ店員に批判が殺到
  6. 警備ロボットが街中でソーシャルディスタンスの監視役に
  7. ノーブラで出勤したら解雇? 20代女性が人権侵害を申し立てる
  8. インド系の女性を「黒人」と呼んだパン屋が謝罪を表明

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。