CELEBS

VOGUE史上初、男性が表紙を飾るもドレス姿に賛否両論

Source: VOGUE/Instagram

イギリスの大人気アイドルグループ『One Direction』のハリー・スタイルズさん(トップ画像)が、男性として初めてファッション誌『VOGUE(ヴォーグ)』の表紙を飾った。

スタイルズはアメリカ版ヴォーグの12月号で、フリルがあしらわれたGUCCI(グッチ)のロングドレスに黒のタキシードジャケットという、斬新な装いで撮影に挑んだ。

Source: VOGUE/Instagram

「洋服は試行錯誤して楽しむためにあるんだ。僕は女性向けの洋服を見て、いつも美しさに魅了されているよ」

同誌のインタビューにこう語るスタイルズさんは、衣服を性別で分けることに懐疑的な意見を示す。

「どんな事柄に関しても、境界線を作ってしまえば、それまでだ。自分で自分を縛り付けてしまうことになる。

でも、そうした境界線を取り払えば限界が無くなって、目の前の世界が広がるんだ。だから僕は、女性用だとか男性用だとかは気に留めず、良いと思った衣服を来て楽しむのさ」

Source: VOGUE/Instagram

スタイルズさんの革新的で我が道を貫く姿勢に多くの人々から称賛の声が上がるなか、保守論客のキャンディス・オーウェンズ氏が一石を投じた。

「強い男がいない社会は滅亡する。東洋はそれをよく理解している。男性の女性化とマルクス主義の拡大が西欧で同時に起きているが、これは偶然ではない。強い男達を取り戻して」

このツイートは高い注目を集め、11万件以上のいいね!と約5万件のリプライが寄せられている。

しかし多くは彼女の主張に反対するもので、東洋男性の伝統衣装がズボンではないことや、中世ヨーロッパは地位の高い男性がタイツやフリルを着用していたことを指摘するコメントが見受けられた。

 

おすすめ記事

  1. ポケモンの世界をマレーシア地図で再現
  2. 男児への性的虐待で起訴された教師が”殺し屋”を雇うも失敗に終わる…
  3. 「中国が我が国を汚染させた」 選挙広告が波紋を呼ぶ
  4. 誘拐未遂事件、11歳少女を連れ去ろうとする30歳男の映像を公開
  5. 「イヴァンカは用無し」のポスターがニューヨーク市内に出現?
  6. カーディ・Bの生演奏「子供に悪影響」と批判続出、本人が反論
  7. フランス人女性、「フランス語力が不十分」で永住権を得られず
  8. 習近平のポスターに墨汁をかけた女性が当局に拘束される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。