FASHION

「中国文化を侮辱している」 バレンシアガ、中国で再び炎上

Source: Balenciaga

スペインの高級ファッションブランド『Balenciaga(バレンシアガ)』が、またしても中国で大バッシングを受けている。

中国では毎年8月、織姫と彦星が出会う七夕をバレンタインデーとして祝い、男性が女性にプレゼントを贈る日として親しまれている。

そこでバレンシアガは、バレンタイン商戦として国内最大級の通販サイト『Tmall』に期間限定コレクションの販売を開始。

象徴的なアワーグラスのハンドバッグ3色を展開し、フラップ部分には「我愛你(あなたを愛しています)」や「他愛我(彼は私のことが大好き)」と力強い文体で書かれている。

 

Source: Balenciaga

Source: Balenciaga

Source: Balenciaga

 

中国の若者世代を狙ったというデザインだが、その反応は「かなりダサい」「田舎のフォトスタジオで撮影したみたい」「中国人と中国文化を見下している」などという批判が続出した。

広告を酷評したコメントには63万件のいいね!が付き、バレンシアガのバレンタイン商戦は大炎上という結果に。

さらに国内最大のSNSサイト『新浪微博(ウェイボー)』では、「#巴黎世家辱华(バレンシアガは中国を侮辱した)」というハッシュタグがトレンド入りしている。

一方で、「ちょっとダサいくらいが今風のオシャレなのよ」と同ブランドを擁護するユーザーも少なからず見受けられた。

バレンシアガが中国の顧客から反感を買ったのは、今回が初めてではない。

2018年4月、フランスはパリにあるプランタン支店で、従業員による中国人客への対応が人種差別的であるとして非難を浴びていた。その後、中国のSNSではバレンシアガ不買運動が活発化。同ブランドとプランタン支店は中国語と英語で謝罪声明を発表し、「全ての顧客に平等に接することを約束します」とコメントした。

 

おすすめ記事

  1. コロンブスの日を「先住民の日」に改定させる運動が加速
  2. 黒人男性と交際中のノルウェー王女、黒人暴行死事件に苦言を呈す
  3. コロナデマ拡散か 飼い犬が毒餌の被害に
  4. 「女性を見下している」 香港の料理番組に批判が続出
  5. 卒業証書が愛猫の遊び道具にされてしまった飼い主のツイートが話題
  6. 航空学校で中国人留学生が自殺 人種差別が原因か
  7. 黒人生徒に「アフリカ人の様に謝罪しろ」と要求、小学校校長が辞職
  8. 億万長者カイリー・ジェンナー 、ファンに治療代を募り袋叩きに

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。